ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 平成29年度「大内賞」受賞者決定

平成29年度「大内賞」受賞者決定

印刷用ページを表示する 発表日:2017年11月8日 11時00分
担当課:
企画・地域振興部調査統計課
直通:
643-3189
内線:
2772
担当者:
深川、西村

-統計界の最高栄誉を県内の統計調査員が受賞-

 このたび平成29年度大内賞受賞者が決定し、福岡県北九州市在住の統計調査員吉原 節子 氏が受賞者に選ばれました。

1 受賞者

 吉原 節子(よしはら せつこ)氏

2 表彰式

(1)日時 平成29年11月13日(月曜日)「第67回全国統計大会」にて

(2)場所 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)

※なお、11月15日に福岡県吉塚合同庁舎で開催される「平成29年度福岡県統計功績者表彰式」においても紹介します。

3 大内賞の概要

大内賞は、戦後における我が国の統計の再建に政府の統計委員会委員長として尽力した大内兵衞博士の業績を記念して1953年に設けられた賞です。

この賞は、統計界の最高栄誉として、我が国の統計の進歩に貢献した個人、団体等を顕彰するもので、平成28年度までに311名・3団体が受賞しています。

統計調査員は、多年統計実務に従事して、我が国の統計の進歩に貢献した人として表彰されており、今年度は大内賞委員会(委員長:西村清彦統計委員会委員長)において、吉原氏を含め4名の統計調査員の受賞が決定しました。大内賞メダル

※委員長名のうち「清」の字は正しくは月の部分が円です。

大内賞委員会事務局発表資料 [PDFファイル/163KB]

 

4 吉原節子氏の功績

昭和44年に統計調査員に登録して依頼、43年間にわたり、工業統計調査(40回)、家計調査(31回)、生産動態統計調査(27回)、事業所・企業統計調査(17回)、商業統計調査(16回)、労働力調査(12回)など、合計225回(うち指導員として12回)の統計調査に従事された他、指導員として調査員への適切な指導・助言に努めるなど、統計の進歩に貢献されました。

その功績により、これまでに大臣表彰5回、平成8年秋の藍綬褒章、平成22年秋の叙勲を受章しています。

統計調査員とは

統計調査員は、総務大臣等又は都道府県知事から任命される非常勤の公務員で国勢調査や経済センサスなどの統計調査に従事しています。具体的には、調査対象である世帯や事業所などに、調査票を配付し、調査票に正しく記入していただけるよう統計調査の趣旨や内容などについて説明を行うとともに、記入された調査票を回収し、その点検・整理などの仕事を行っています。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)