ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 「平成29年度浄化槽シンポジウム福岡」の開催について

「平成29年度浄化槽シンポジウム福岡」の開催について

印刷用ページを表示する 発表日:2018年1月11日 11時00分
担当課:
環境部廃棄物対策課
直通:
092-643-3398
内線:
3458
担当者:
堤、今村

「平成29年度浄化槽シンポジウム福岡」を開催します
~ 社会情勢の変化、地方自治体の財政状況を踏まえた生活排水処理計画の構築に向けて ~

〇 本県の汚水処理人口(※)全体のうち約1割は、浄化槽によるものです。浄化槽は、主に各戸ごとに設置される汚水処理施設です。下水道による処理と同等の水質が得られ、極めて短期かつ比較的安価に設置できる等の特長があり、中山間地域など家屋が散在する地域における生活排水対策の有効な手段です。
※汚水処理人口;し尿及び台所や浴室などから排出される生活雑排水を浄化槽や下水道などの汚水処理施設により処理している人口
〇 県では、市町村が行う浄化槽整備事業への補助事業や、浄化槽の設置や維持管理に関する普及啓発などを行い、浄化槽整備の促進を図っています。
〇 また、県では、各地域の状況にあった生活排水処理計画構築の一助とするため、平成24年度から年1回、福岡県浄化槽推進協議会及び一般財団法人福岡県浄化槽協会との共同で「浄化槽シンポジウム福岡」を開催し、地方行政の政策決定に携わる方々や浄化槽に関わる皆さまを対象に、浄化槽に関する最近の行政動向などの情報を提供しています。
〇 6回目の開催となる今年度のシンポジウムは、東京福祉大学から講師をお招きし、生活排水処理インフラの現状と展望等について御講演いただくとともに、県下水道課から「福岡県汚水処理構想」の概要について講演します。

1 開催日時

エコトン画像

平成30年2月2日(金曜日)
13時30分から16時15分まで

2 会場

ANAクラウンプラザホテル福岡
(福岡市博多区博多駅前3-3-3)

3 内容

平成28年度開催風景

講演1
「福岡県汚水処理構想 ~ふくおか水環境ビジョン~ の概要について」
(福岡県建築都市部下水道課)
 県では、福岡県汚水処理構想を策定し、汚水処理施設の効率的かつ適正な
整備を進めています。平成29年3月、社会情勢の変化を踏まえ、新たな構
想を策定しましたので、その概要について講演します。

講演2
「生活排水処理改革 ~持続可能なインフラ整備のために~ 」
(東京福祉大学 副学長 喜多村 悦史 氏)
 下水道や浄化槽などの生活排水処理インフラの現状と展望や、持続可能なインフラ整備を行っていくために有効な選択肢である「浄化槽」の特長などについて御講演いただきます。

4 参加料金

参加料金は無料です。

5 参加申込み

浄化槽イラスト

参加を希望される場合は、参加申込用紙(別紙)に必要事項を記入のうえ、
一般財団法人福岡県浄化槽協会宛にファックスまたはe-mailにて、申し込んで
ください(〆切;1月22日(月曜日))。
送付先;【ファックス】092-947-3636 【e-mail】LEN01567@nifty.com
※先着順で参加登録します。定員になりましたら、〆切日前であっても受付を終了しますので、なにとぞ御了承ください(定員により参加いただけない申込者の方へは電話にて御連絡いたします)。

6 共催

福岡県、福岡県浄化槽推進協議会、一般財団法人福岡県浄化槽協会

 

 

<参考>
本県の汚水処理人口は、平成28年度現在で約468万人となっています。県の人口全体に対する割合は91.5%であり、年々増加しておりますが、未だに約43万人が汚水処理施設を利用できない状況です。


(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)