ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 「福岡県生物多様性戦略第2期行動計画」を策定しました ~ 生きものを支え、生きものに支えられる幸せを共感できる社会を目指して ~

「福岡県生物多様性戦略第2期行動計画」を策定しました ~ 生きものを支え、生きものに支えられる幸せを共感できる社会を目指して ~

印刷用ページを表示する 発表日:2018年3月28日 14時00分
担当課:
環境部自然環境課
直通:
092-643-3367
内線:
3472
担当者:
前原、横山

「福岡県生物多様性戦略第2期行動計画」を策定しました
~生きものを支え、生きものに支えられる幸せを共感できる社会を目指して~

 

 福岡県生物多様性戦略で取り組む具体的な施策を定めた第1期行動計画が今年度で終了することから、平成30年度から5年間の第2期行動計画を策定しました。
 この行動計画で定めた施策に取り組むことにより、行政、県民、企業、NPO・ボランティア団体など多様な主体が連携・協働して、自然の恵みを持続的に享受できる社会の実現を目指していきます。

 

1.計画期間

 平成30年度から5年間

 

2.第2期行動計画

 様々な主体による生物多様性の保全等に関する取組が生まれ始めることを目指して、13の重点プロジェクトと150の施策を実施します。

○ 重点プロジェクトの例
  ・ 英彦山及び犬ヶ岳生態系回復事業
  ・ 侵略的外来種防除マニュアルの作成
   ※ 侵略的外来種 外来種のうち、生態系、人の生命又は身体、農林水産業などに被害を及ぼすまたは及ぼす恐れのあるものをいいます。

 

3.閲覧方法

 県内の公立図書館に配架するほか、福岡県庁ホームページの自然環境課のページで公開します。

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fukuokaprefefurebiodiversity.html

 

 

*参考

○ 福岡県生物多様性戦略(平成25年3月策定)

(1)位置付け

 福岡県環境総合ビジョンの下位計画であり、自然共生社会の推進分野における基本計画。豊かな自然共生社会を実現するため、関連する施策を総合的かつ計画的に推進することを目的として策定

(2)内容

 目標を達成するために、第1期と第2期に分けて「行動計画」を定めて取り組むこととしている。

 ・第1期(平成25年度から5年間)

  「基盤整備期間」と位置付け、レッドデータブックの改訂、公共工事配慮指針の策定等13の重点プロジェクトと200の施策に取り組んだ。

 ・第2期(平成30年度から5年間)

  「様々な主体による取組が生まれ始める期間」と位置付け、NPO、事業者等、多様な主体による取組を促進するため、13  の重点プロジェクトと150の施策に取り組む。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。