ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 「福岡県バイオ産業拠点推進会議平成30年度総会」を開催します。

「福岡県バイオ産業拠点推進会議平成30年度総会」を開催します。

印刷用ページを表示する 発表日:2018年6月27日 09時00分
担当課:
商工部 新産業振興課
直通:
092-643-3453
内線:
3771、3778
担当者:
山北(やまきた)、高橋(たかはし)

「福岡県バイオ産業拠点推進会議平成30年度総会」を開催します。

~新たな機能性表示食品の開発、新製品技術を紹介~

 福岡県では、県南部の久留米地域を中心にバイオ関連企業・研究機関等バイオ産業の集積を目指す「福岡バイオバレープロジェクト」を平成13年度から推進しています。

 このたび、その中核推進組織である「福岡県バイオ産業拠点推進会議」の平成30年度総会を開催し、これまで進めてきた機能性表示食品開発をはじめ、研究開発支援事業の成果の展示、発表会を行います。

 総会では、地方創生事業の取組みとして県内大学、企業と共同研究を実施する国立研究開発法人理化学研究所 渡辺 恭良氏に特別講演を、独自の機能性表示食品を開発されたサッポロホールディングス株式会社 吉川 和彦氏に基調講演をしていただきます。

 また、推進会議の支援メニューを活用し、製品開発・販売促進に繋げられた会員企業より事例発表を行っていただきます。

  

1.日時

平成30年6月28日(木曜日) 13時00分~18時40分
(展示会:13時00分~13時50分、総会:14時00分~17時00分、交流会:17時05分~18時40分)

2.場所

ホテルニュープラザ久留米 新館3階 舞鶴・筑紫
(福岡県久留米市六ツ門町16-1)

3.主催

福岡県バイオ産業拠点推進会議

4.総会次第

(1)挨拶

(2)通常総会 平成29年度事業報告、平成30年度事業計画

(3)特別講演 「リサーチコンプレックスの取組みと福岡バイオバレープロジェクトへの期待」
  国立研究開発法人理化学研究所 健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム
  プログラムディレクター 渡辺 恭良 氏

(4)基調講演 「機能性表示食品制度の活用を通じたサッポロホールディングスの販売戦略」
  サッポロホールディングス株式会社 グループR&D本部 グループ研究戦略推進部 事業化推進グループ
  グループリーダー 吉川 和彦 氏

(5)会員製品化事例発表
  (株)ミラクルソイグルト、ベストアメニティ(株)、佳秀工業(株)、農業組合法人福栄組合

  

※1 福岡県バイオ産業拠点推進会議について
 福岡バイオバレープロジェクトを推進する中核組織として設立した産学官からなる連携組織
 
設立:平成13年9月26日
 
会長:小林 誠(こばやし まこと)(元 不二製油グループ本社(株)取締役常務執行役員)
 
会員数:592会員(企業406社、行政42機関、大学等144人)(平成30年4月1日現在)
 
事務局:(株)久留米リサーチ・パーク

※2 機能性表示食品とは
 
事業者の責任において、科学的根拠を基に機能性を表示するものとして消費者庁に届け出られた食品。「おなかの調子を整える」「脂肪の吸収をおだやかにする」など、健康の維持及び増進に役立つ食品の機能を表示することができる。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。