ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 筑後広域公園プール 屋内幼児プールの利用再開について

筑後広域公園プール 屋内幼児プールの利用再開について

印刷用ページを表示する 発表日:2018年7月28日 09時00分
担当課:
建築都市部公園街路課
直通:
092-643-3724
内線:
4703
担当者:
松尾

 筑後広域公園プールの屋内幼児プールは、年1回のレジオネラ菌検査で、厚生労働省の衛生基準を超えるレジオネラ菌が検出されたため、平成30年7月5日(木曜日)より、利用を停止していました。

 停止後、施設の清掃及び消毒を行い、改めて検査を行った結果、安全が確認されたため、利用を再開しますのでお知らせします。

1 対象施設

筑後広域公園プール 屋内幼児プール(みやま市瀬高町本郷2655)

2 利用再開日

平成30年7月28日(土曜日)

3 参考

(1) 経過

6月14日(木曜日) 年1回のレジオネラ菌検査のため、プールから取水

7月 5日(木曜日) レジオネラ菌検出結果の判明、幼児プールの利用停止、清掃及び消毒の実施

7月 6日(金曜日) 南筑後保健福祉環境事務所による現地調査

7月17日(火曜日) 過酸化水素による洗浄及び消毒の実施(幼児プール水槽、ろ過装置、配管)、改めてレジオネラ菌検査を行うため、プールから取水

7月24日(火曜日) 上記検査の結果、陰性と判明

7月25日(水曜日) 南筑後保健福祉環境事務所により安全が確認される

(2) レジオネラ菌発生の原因

 利用者の体に付着していたレジオネラ菌が幼児プールへ混入し、配管内に発生していたバイオフィルム(ぬめり)内で増殖した。

(3) 今後の安全対策について

・混入源の遮断

 スタッフによる声掛け、施設内への掲示により、利用者に対し入水前のシャワーの徹底等を呼びかけ、プールへのレジオネラ菌混入を防ぐ。

・菌増殖環境の改善

 バイオフィルム除去のため、これまでの年1回の化学洗浄に加え、月1回の塩素洗浄(スーパークロリネーション)を実施し、レジオネラ菌が増殖しないよう努める。

 

筑後広域公園プール 屋内幼児プールの一時利用停止について [PDFファイル/425KB]


(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)