ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 福岡産梨が初めてベトナムに輸出されます!

福岡産梨が初めてベトナムに輸出されます!

印刷用ページを表示する 発表日:2018年8月31日 11時00分
担当課:
農林水産部輸出促進課
直通:
092-643-3525
内線:
3936
担当者:
福田、笹川

 

 

 福岡県産梨が初めてベトナムに輸出されます!

 

 

 今年は、福岡県・ハノイ市友好提携10周年の年で、これを機に友好・協力関係の更なる発展に関する覚書を交わし、新たに農業交流を行うこととなりました。 このような中、平成19年にベトナムにおいて植物防疫法が制定されて以降、日本産の梨はベトナム向けに輸出することができませんでしたが、日本とベトナムとの間で協議が重ねられ、植物検疫条件で合意に達し、29年1月に輸出が解禁されました。これを受け、県では、JA筑前あさくらと嘉麻市の第三セクターである株式会社嘉麻スタイルに支援を行い、輸出向けの生産園地・選果こん包施設の登録などの手続きが完了しました。

 今回、嘉麻スタイルにおいて商談が整い、梨(二十世紀)を初めて、輸出することとなりましたので、お知らせします。

 

 

1 これまでの経緯

  平成29年1月に輸出解禁

  平成30年4月JA筑前あさくらと嘉麻スタイルが生産園地を登録

  平成30年6月JA筑前あさくらと嘉麻スタイルが選果こん包施設の登録

  

2 輸出先 ベトナム(ハノイ)

 

3 生産地 嘉麻市(宮小路地区)

 

 

4 品 種 二十世紀

 

5 輸出量 420kg

 

 

6 輸出スケジュール

  平成30年8月30日  輸出検査

          8月31日  福岡からベトナムに飛行機で輸送

              9月 2日  ベトナム・ハノイの店舗で販売予定

 

 

7 販売店舗

  インティメックス

  (ハノイにある現地スーパーマーケット)

 

8 輸出事業者

  株式会社嘉麻スタイル(嘉麻市大隈町733)

 

 

9 その他

○在福岡ベトナム社会主義共和国総領事館グェン フォン ホン総領事 コメント

   この度、福岡県の梨が初めてベトナム・ハノイ市へ輸出されることとなりました。

   越日外交関係樹立45周年ならびに福岡県・ハノイ市友好提携10周年の節目に、このように記念すべき出来事が実現し、大変嬉しく思います。

   ベトナムでは、近年、農産物の安全・安心や品質への関心が高まっています。今回の輸出により、福岡県の安全で美味しい梨が多くのベトナム人に味わってもらえるものと期待しています。

   在福岡ベトナム総領事館では、今後も福岡県とベトナム、ハノイ市との交流が促進されるよう支援してまいります。

 

○県としての取組内容

  産地に出向き、検疫条件の内容の説明と共に、検疫条件に基づく、園地登録に必要な防除暦の作成支援や選果こん包施設の登録のための状況把握、改善方策などの支援を実施。

  国の植物防疫所の植物防疫官による栽培地検査の事務を補助する検査補助員として、県職員2名を登録し、栽培期間中に2回、病害虫の発生の有無や害虫対策である果実への袋かけの措置の確認などについて、登録全園地の栽培地検査を実施。

 

 

[参 考]

・主な検疫条件

       (1)生産園地・選果こん包施設の登録及び園地検査の実施

   (2)モモシンクイガ等を対象に、果実の袋かけの措置を実施

   (3)輸出時に植物防疫所による輸出検査の実施

・輸出に向けた産地の取組状況

       JA筑前あさくら:82a、4名(二十世紀、新興)

       嘉麻スタイル:80a、5名(二十世紀、新高

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。