ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 弁護士と連携して「解雇・雇止め集中相談会」を開催します

弁護士と連携して「解雇・雇止め集中相談会」を開催します

印刷用ページを表示する 発表日:2018年2月8日 00時00分
担当課:
労働政策課
直通:
092-643-3587
内線:
4220
担当者:
永松、古賀

弁護士と連携して「解雇・雇止め集中相談会」を開催します

- 相談無料、予約不要、相談の内容は秘密厳守 -

 

 これから年度末にかけて、解雇や契約期間満了に伴う雇止めなどで、労使間に問題が生じるケースが増加することが考えられます。

 そこで、このような状況に対応するため、トラブルの未然防止や早期解決を目的に、各労働者支援事務所において「解雇・雇止め集中相談会」を開催しますのでお知らせします。

 解雇・雇止めなど労働に関することについて、正社員・パート・派遣・有期契約社員などの雇用形態にかかわらず、働いている方はもちろん、使用者の方からの相談にも労働相談担当職員が応じます。

《日時》 平成31年2月20日(水曜日)及び21日(木曜日) いずれも9時から20時まで (受付は19時30分まで)

《内容》 電話及び面談による相談、必要に応じて弁護士相談を連携して実施

《その他》 相談無料、予約不要、秘密厳守 

場  所

住  所

電話

福  岡 労働者支援事務所

 福岡市中央区赤坂1-8-8

  福岡西総合庁舎 5階

092-735-6149

北九州 労働者支援事務所

 北九州市小倉北区浅野3-8-1

  AIMビル 4階

093-967-3945

筑  後 労働者支援事務所

 久留米市合川町1642-1

  久留米総合庁舎 1階

0942-30-1034

筑  豊 労働者支援事務所

 飯塚市新立岩8-1

  飯塚総合庁舎別館 2階

0948-22-1149

注 通常の労働相談は、月~金(祝日及び年末年始を除く)の8時30分から17時15分まで、上記の各労働者支援事務所で実施。

  夜間電話相談は、毎週水曜日(祝日の場合は翌日)17時15分から20時まで実施。

(参考)

 労働契約法により、有期労働契約の無期労働契約への転換(無期転換ルール)、「雇止めの法理」の法定化、不合理な労働条件の禁止が定められています。

 無期転換ルールについては、原則として有期労働契約が反復更新されて通算5年を超える更新を行う場合は、無期転換の申込権が発生します。

   相談会案内チラシ [PDFファイル/1.55MB]

 

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)