ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 発達障がい児等療育支援事業所(医療連携型)を開設します

発達障がい児等療育支援事業所(医療連携型)を開設します

印刷用ページを表示する 発表日:2018年12月7日 10時00分
担当課:
福祉労働部障がい福祉課
直通:
092-643-3263
内線:
3266
担当者:
藏本、竹西

発達障がい児等療育支援事業所(医療連携型)を開設します

~医療スタッフがサポートする発達障がい児(者)への療育支援事業を始めます~

〇 県では、現在13か所で行っている障がい児等療育支援事業に加え、増加する発達障がいへの対応を強化するため、今回新たに発達障がいに特化した療育支援事業を始めます。

 ※療育支援事業とは、障がい児(者)等のライフステージに応じた療育指導、相談等を行い、障がい児(者)及びその保護者の地域における生活を支援するもの。

 

〇 発達障がい児(者)に対し医学的知見に基づく支援を行うため、聖ルチア病院(久留米市)を「福岡県発達障がい児等療育支援事業所(医療連携型)」に指定します。

 

〇 この事業の実施主体は福岡県で、医療法人等に委託し、運営するため、相談費用はかかりません。

 

〇 この事業所の設置により発達障がい者支援拠点病院(九州大学病院)はもちろん、4か所の発達障がい者支援センター、13の障がい児等療育支援事業所と連携を図ることで、県の発達障がい児(者)への支援を強化します。

 

【1】設置場所

所  在:久留米市津福本町1012

      聖ルチア病院内

問合せ先:地域連携室

電話番号:0942-33-1581(代表)

対応時間:月曜日から金曜日の9時から17時まで

 

【2】事業概要

〇訪問療育等指導事業

 発達障がい児(者)の家庭に定期的又は随時訪問、巡回し、地域の発達障がい児(者)とその保護者に対して各種の相談・指導を行う。

〇外来療育等指導事業

 外来の方法により、発達障がい児(者)及び保護者に対し相談・指導を行う。

〇施設支援一般指導事業

 障がい児通所支援事業所及び障がい児保育を行う保育所等の職員に対し、発達障がい児(者)の療育に関する医学的知見による支援や指導を行う。

 

【3】支援対象者

発達障がい児(者)(その疑いがあるものを含む)とその保護者

※診断がなくても、発達について気になることがあれば、気軽に相談することができます。

 

【4】事業開始日

平成30年12月10日月曜日

【5】取材について

 12月10日月曜日15時から16時の間で、本療育支援事業に従事する職員が取材に応じます。

 ※プライバシー保護のため、患者の方の撮影はご遠慮ください。

(問合せ先:聖ルチア病院 法人事務局 高田

記者提供資料 [PDFファイル/422KB]

発達障がい支援機関一覧 [PDFファイル/161KB]

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)