ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 平成29年7月九州北部豪雨災害にかかる義援金の第6次配分について

平成29年7月九州北部豪雨災害にかかる義援金の第6次配分について

印刷用ページを表示する 発表日:2018年10月24日 00時00分
担当課:
被災者支援チーム(福祉労働部福祉総務課)
直通:
092-643-3243
内線:
3220
担当者:
岩熊

 平成29年7月九州北部豪雨災害に係る義援金については、平成29年8月23日に義援金品配分委員会を開催して配分基準を決定し、これまで5回にわたり合計34億4千5百万円余を市町村に配分しています(平成29年9月6日:597百万円余、9月29日:1,148百万円余、11月10日:600百万円、平成30年1月12日:700百万円、5月17日:400百万円)。

 今回、平成30年9月30日までに県、日本赤十字社福岡県支部、福岡県共同募金会へ寄託された義援金のうち1億6千万円を、第6次配分として、次のとおり市町村に配分(10月25日送金)することとします。

 

 

1 義援金等の額(平成30年9月末現在)

義援金額

(H29/7/7~

H30/9/30寄託分)

(A)

配分済み額

(第1次~第5次配分)

(B)

第6次配分

(今回配分)

(C)

総配分額

(第1次~第6次配分)(B+C)

配分残

(A-B-C)

3,614,831,377円

3,445,907,089円

160,000,000円

3,605,907,089円

8,924,288円

 

2 義援金の配分 

(1)配分基準

 平成29年8月23日に開催した、福岡県義援金品配分委員会で決定した「配分基準(配分比)」によります。

配分基準

被害区分

配分比

被害区分

配分比

死 者

10

全 壊

10

重 傷(3月以上)

半 壊

重 傷(3月未満)

一部損壊

 

 

床上浸水

 

(2)第6次配分(送金)額

 配分基準と被害状況から各市町村への配分額を決定し、当該配分額から「第5次配分までに送金した額」を差し引いた額を市町村へ送金します。

市町村名

配分額

既送金額

今回送金額(10月25日送金)

北九州市

21,208,383円

20,389,983円

818,400円

久留米市

482,009円

463,409円

18,600円

うきは市

4,820,087円

4,634,087円

186,000円

嘉麻市

482,009円

463,409円

18,600円

朝倉市

3,329,234,095円

3,179,910,495円

149,323,600円

芦屋町

964,017円

926,817円

37,200円

東峰村

241,004,350円

231,704,350円

9,300,000円

添田町

7,712,139円

7,414,539円

297,600円

3,605,907,089円

3,445,907,089円

160,000,000円

 

(3)その他

 10月以降受入れた義援金については、義援金の受入れ状況等を考慮し配分時期を決定します。

 

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。