ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 平成29年7月九州北部豪雨災害にかかる義援金の配分について

平成29年7月九州北部豪雨災害にかかる義援金の配分について

印刷用ページを表示する 発表日:2017年8月24日 00時00分
担当課:
福祉労働部福祉総務課
直通:
092-643-3243
内線:
3220
担当者:
岩熊

 平成29年7月九州北部豪雨災害に対し、全国の皆様から寄せられた義援金については、福岡県地域防災計画に基づき、平成29年8月23日(水曜日)に福岡県義援金品配分委員会を開催し、次のとおり配分基準及び第1次配分額を決定いたしました。

 県では、一日も早く、被災された方々が元の平穏な暮らしに戻れますよう、生活再建への支援を重視し住家被害への配分比を高めるとともに、早期に配分することといたしました。

 今後寄せられる義援金につきましても、随時配分を行ってまいります。

 

1 義援金の額    597,251,738円 

 (平成29年8月10日時点での県、福岡県共同募金会、日本赤十字社福岡県支部受領分の合計)

 

2 義援金の配分

(1)配分基準

 配分にあたっては、これまで死亡等の人的被害に対するウエイトが高かったものを、生活再建への支援を重視する観点から、福岡県地域防災計画に定める義援金の『配分基準』のうち、全壊流出世帯、半壊世帯に対する配分比を引上げるとともに、「一部損壊世帯」、「床上浸水世帯」も対象として配分基準を定めました。

 

被害区分

配分比※

人的

被害

死 者

10(10)

重傷者(3か月以上の治療を要する見込みの者)

5(5)

重傷者(1か月以上3か月未満の治療を要する見込みの者)

3(3)

住家

被害

全壊流出世帯

10(2)

半壊世帯

5(1)

一部損壊世帯

1(0)

床上浸水世帯

1(0)

  ※( )内は福岡県地域防災計画に定める配分比

 

(2)第1次配分額

市町村名

配分額

北 九 州 市

4,077,114円

久 留 米 市

90,602円

筑  後  市

90,602円

う き は 市

906,025円

嘉  麻  市

90,602円

朝  倉  市

545,880,116円

芦  屋  町

181,205円

東  峰  村

43,398,602円

添  田  町

2,536,870円

合   計

597,251,738円

 

3 被災者への配分

被災者への配分については、市町村における配分委員会等の開催を通じて行われることになります。

 

4 義援金配分についての小川知事コメント

  添付ファイル参照

  知事コメント [PDFファイル/70KB]

  

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)