ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 「海の日 世界遺産めぐり」を初開催します!

「海の日 世界遺産めぐり」を初開催します!

印刷用ページを表示する 発表日:2019年6月14日 11時00分
担当課:
福岡県人づくり・県民生活部文化振興課世界遺産室
直通:
092-643-3162
内線:
2844
担当者:
仲谷

○ 本年7月に世界遺産登録から2周年を迎える「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は、海との関わりが深いことから、海の日である7月15日(月・祝)に、本遺産群を守り、将来の世代に伝えていくためのイベントを開催します。 

○ 初開催となる今年は、沖ノ島を約2kmの距離から遠望し、古より信仰を育んだ海を体感する「沖ノ島遠望船」を運行します。世界遺産・沖ノ島をまわる船の旅です。

○ この他にも、この日限定のイベントが盛りだくさんです。本遺産群の価値と保護の重要性を知っていただくとともに、宗像市・福津市の魅力をたっぷり味わうことができる「海の日 世界遺産めぐり」にぜひご参加ください。

・日  程      令和元年7月15日(月・祝)

・場  所      宗像市、福津市内各地

・主催      「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会

・概  要 

1 沖ノ島遠望船

 大島から出航し、沖ノ島を手前2kmの岩礁(小屋島、御門柱、天狗岩)付近から遠望。古より、信仰を育んだ海を体感。

・参加費無料

・3便運航、総定員300人(予定)。

・参加者は6月15日から募集し、定員を超えた場合は、抽選。(申込方法は別紙参照)

2 世界遺産・公開講座

 小田富士雄氏(福岡大学名誉教授)、笹生衛氏(國學院大学教授)が、本遺産群の調査成果を分かりやすく解説。

・場所 海の道むなかた館

3 世界遺産・構成資産無料ガイド

 地元ボランティアガイドが各構成資産等の価値を解説。新原・奴山古墳群では、AR(拡張現実)機能を活用し、現実の景色に古代の古墳の姿を重ね合わせて解説。

4 海岸清掃活動

 遺産群周辺の環境を保全するため、地元団体と連携して、海岸清掃イベントを実施。

※イベントの詳細は公式HPをご覧ください。

※混雑が予想されます。駐車場には限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

この情報に関連する情報

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。