ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 行政資料 > 福岡県原子力災害広域避難基本計画

福岡県原子力災害広域避難基本計画

説明

 玄海原子力発電所で、福島第一原子力発電所と同様の事故が万々が一に発生した場合において、住民等の初動避難を混乱なく実施するための住民の避難に関する基本計画です。
 通常、災害時の避難誘導は市町村が行うこととされていますが、福島第一原子力発電所の事故では、原子力災害が広範囲に及び、市町村の区域を越える広域的な避難が必要となったことに鑑み、広域的自治体である県が、市町村と連携して広域避難の基本的な考え方を取りまとめ、市町村の原子力災害広域避難個別計画の策定を支援するために定めたものです。

書類ダウンロード

分類記号

L 安全
LB 消防・防災

所属

作成年月

2018年
5月

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)