ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 出先機関(種別一覧)

出先機関(種別一覧)

県税事務所では、県税の課税(一部県税事務所を除く。)、徴収を行っています。 今、財政状況の深刻化や地方分権改革の進展など、税を取り巻く環境は、大きく変化し非常に厳しくなっています。このため、課税から収税まで県税職員が一体となって税収確保に努めています。
保健福祉環境事務所では、県民の健康づくりや食中毒、感染症への対応、犬猫の引取、特定疾患や未熟児への医療費助成、母子家庭、生活困窮者への生活支援、医療機関や介護事業者の許認可・指定指導、廃棄物対策、大気・水質の保全、地球温暖化対策、生物多様性保全など、保健・福祉・環境に関する相談やサービスの提供を行っています。  また、市町村への専門的・技術的助言を行っています。  なお、保健福祉事務所は環境部門を所管しておりません。
児童相談所は、18歳未満の子どもの福祉にかかるあらゆる相談を受ける機関です。必要に応じて、各種児童福祉施設の利用や入所を勧めることがあり、場合によっては、子どもを家庭から離して一時保護する機能を持ちます。住民から直接相談を受け、家庭の事情やその子どもに適した助言や指導を行うほか、地域への啓発活動や各管内市町村への支援も行っています。
労働者支援事務所では、労働条件に関することや賃金未払い等、あらゆる労働相談を受け付けます。また、子育て女性就職支援センターでは、就職を希望する子育て中の女性などに対し、仕事と子育てに関する情報を提供し、就職相談から就職斡旋までをワンストップで実施します。
高等技術専門校では中高年の離転職者や中学・高校を卒業した若年者等の求職者の方々に職業に必要な知識と技能を身につけてもらい、就職に生かしてもらうため、職業訓練を実施しています。
中小企業振興事務所は、中小企業振興の地域拠点として、意欲ある中小企業の経営革新、地域資源を活用した産業振興、商店街の活性化、先端成長産業分野への参入などに向けた取り組みを支援するとともに、高圧ガスや火薬類の保安の確保などに取り組んでいます。
農林事務所では、市町村、JA、森林組合等と連携を図りながら、農林業の振興と住み よい農山村づくりを進めています。また業務は多岐にわたっており、農業職、林業職、農業土木職、 畜産職等様々な職種の職員が農林業の振興のため業務に取り組んでいます。
家畜保健衛生所では、その名のとおり、家畜(牛、豚、鶏、馬、みつばちなど)の健康・衛生についての仕事をとおして、畜産の振興と経営の安定を図っています。また、家畜の伝染病の発生を予防し、万が一発生したときは、その拡がりを防止するため、病気の検査やワクチン接種の指導をしています。動物用医薬品などの販売許可や、正しい流通・使用の指導も行っています。
普及指導センターは、農業総合試験場等で開発された新しい栽培技術や新品種の普及、野菜や果樹などの産地改革の推進、農家の経営 改善など地域や農家が抱えている問題の解決に取り組んでいます。また、食の安全・安心の確保、環境保全型農業の推進などの政策課題にも対応しています。
県土整備事務所では、県が管理する道路や河川、港湾などの公共施設の整備や維持管理を行い、地域の発展に貢献しています。また大雨による水害や土砂災害を最小限に防ぐため、危険箇所の監視や情報収集、関係機関との情報伝達なども行います。安全で快適なまちづくりのため、建築確認申請の審査。建物や道路などを建設する建設業者の許可と指導や、土地・建物などの不動産取引に関わる宅建業者の免許と指導に関することも行っています。