ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校基本調査とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月3日更新

分野 50音 時系列

 

前画面へ戻るボタンです
学校基本調査とは

1 目的と利用

 

文部科学省が、学校の概況を把握するために調査を行い,調査結果は当面する教育の諸問題を解決する基礎資料として利用されているばかりでなく、年次的推移を追うことによって将来の教育計画を立てる際の貴重な資料として役立てられています。

2 調査の対象

 

すべての学校と市町村教育委員会に対して調査を行っています(高等専門学校・短期大学・大学については、文部科学省が直接調査を行っています。)。

3 調査する事項

 

学校数、学級数、在学者数、教職員数、卒業後の進路状況、不就学学齢児童生徒数などの項目を調査します。

4 調査時期と周期

 

毎年、5月1日を調査の期日としています。

5 調査の方法

 

調査票を各学校及び市町村教育委員会に配布し、自ら記入申告する方法(自計方式)又はオンラインにより調査を行っています。

6 結果の公表

 

調査結果は、文部科学省と県において公表します。
速報8月(文部科学省・県,同時公表)
確報12月予定(文部科学省・県)

7 問い合わせ先

 

福岡県企画・地域振興部調査統計課 調査第二班 Tel 092-643-3187(ダイヤルイン)