ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「福岡県財務規則」の一部改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

「福岡県財務規則」の一部改正について

 福岡県行政手続条例(平成8年福岡県条例第1号)第37条第4項第3号及び第8号の規定に基づき、意見公募手続を実施しないで福岡県財務規則(昭和39年福岡県規則第23号)の一部改正を行ったので、次のとおり公示します。

1 意見公募手続を実施しなかった理由

 福岡県領収証紙の売りさばき手数料の算定方法を変更するもの、行政不服審査法(平成26年法律第68号)の制定に伴い、文言の整理を行うもの及び政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件(昭和24年12月大蔵省告示第991号)の一部改正に伴い、契約で定める遅滞損害金の率等を改定するものであり、福岡県行政手続条例第37条第4項第3号及び第8号に該当するため、同条例に定める意見公募手続を実施しなかったものです。

2 改正内容

(1) 福岡県領収証紙の売りさばき手数料の算定方法を変更するもの。

(2) 行政不服審査法(平成26年法律第68号)の制定に伴い、文言の整理を行うもの。

(3) 政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件が改正されたことに伴い、契約で定める遅滞損害金等の率を「年2.9パーセント」から「年2.8パーセント」に改定するもの。

3 公布日

 平成28年4月1日

4 施行期日

 平成28年4月1日


(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)