ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 消費生活 > 福岡県消費生活センター > 消費生活トラブル注意報!! 第25号 2017年 8月

消費生活トラブル注意報!! 第25号 2017年 8月

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月21日更新

リーフレット形式はこちら [PDFファイル/185KB]

SNSを介在した取引に注意! ・・・福岡県消費生活センター

相談事例1

 SNSで知り合った人からゲーム機を購入した。コンビニに行って電子マネーで4万円支払ったが、商品が届かない。どうしたらよいか。

 (アドバイス)

  ◆このケースは個人間の取引なので、消費生活センターでは対応が困難です。一般に、SNSでの取引およびコンビニで 販売されている電子マネーでの取引は、匿名性が高いので、トラブルの際には相手と連絡すらできなくなることが少なくありません。

相談事例2

  SNSで知り合い3ヶ月付き合った異性Aから価値が上がると勧められ、Aの知り合いの社長の会社が行う仮想通貨サービスを契約した。実家でだまされているのではないかといわれたので解約したいが、Aの苗字しかわからず、SNS以外の連絡方法もない。

 (アドバイス)

  ◆このケースでは、最初はセンターからの電話に社長が出たものの、その後は出なくなり、解決できませんでした。SNSでは、簡単に高額の報酬が得られるかのような広告が少なくありませんが、それは悪質な商法と疑ってかかりましょう。契約する際は、周りの人に相談するなど、慎重にしましょう。

相談事例3

 SNSの求人サイトでオークションの代理出品のバイトを見つけた。ゲーム機を売って、代金を先払いで受け取り、それをコンビニの電子マネーで当該業者に送金すれば、業者がゲーム機を落札者に送付するということだった。落札者は約30人で総額80万円だったが、落札者から商品が届かないとの連絡を受けた。当該業者に電話しても「この電話は現在使われていない」とメッセージが出るだけである。警察に相談したが、「詐欺の被疑者であるため、あなたからの被害届は受理できない」と言われた。

 (アドバイス)

  ◆当センターの弁護士相談で、詐欺の共犯として起訴される可能性は低いと思われるものの、落札者から損害賠償を請求される可能性は十分あるとの見解でした。今後、落札者に対する賠償費用を捻出すること、継続的に弁護士のアドバイスを受けることが必要になります。このように「名義貸し」は、知らないうちに犯罪に巻き込まれることが少なくありません。

 

関連する情報

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)