ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域農業の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月18日更新

管内農業の概況

管内農業の概況図
 管内は、久留米市、小郡市、うきは市及び大刀洗町の3市1町です。地形は、筑後川中・下流域の肥沃な平坦地域と耳納山麓地域に区分されます。
 水田農業は、麦類が県栽培面積の23%、水稲が17%、大豆が20%を占めます。これらの担い手として集落営農組織(100)、法人(13)および認定農業者(229)が核となって、生産販売体制の中枢をなしています。
 野菜は、多種多様な品目が生産され、中でもレタス類が県内面積の74%、ホウレンソウが60%を占めています。また、イチゴ、キュウリ及びトマトも県内主要産地です。
 花きは、カーネーション、バラ、トルコギキョウ、ガーベラなどの切花や、鉢物、洋ランの県内主要産地であり、特にカーネーション(県内面積の73%)、シクラメン(同29%)、ユリ(同26%)が盛んです。また、植木苗木は県内最大で、全国でも有数の産地です。
 果樹は、耳納山麓地域を主体にカキ、ブドウ、ナシの産地を形成しています。中でもカキは県内最大の産地です。
 畜産は、酪農が主体で、乳用牛の頭数は県内の40%余を占めます。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)