ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政基本情報 > 入札・公共工事 > お知らせ > 公共工事に係る低入札価格調査基準価格及び最低制限価格の設定範囲の引き上げについて

公共工事に係る低入札価格調査基準価格及び最低制限価格の設定範囲の引き上げについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月7日更新

 本県の低入札価格調査基準価格及び最低制限価格の設定は、国の中央公共工事契約制度運用連絡協議会(中央公契連)モデルを採用しています。この中央公契連モデルが、平成31年3月28日に改正されたことに伴い、今回、本県の低入札価格調査基準価格及び最低制限価格の設定範囲においても見直しを行いますので、お知らせします。
 今回の見直しは、低入札価格調査基準の上限に拘束されている案件が相当数ある実態を踏まえ、工事の更なる品質確保の観点から、低入札価格調査基準価格及び最低制限価格の設定範囲を引き上げたものです。
 

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)