ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政基本情報 > 予算・決算・県債・宝くじ > 宝くじ > 平成30年度宝くじ収益金の使途

平成30年度宝くじ収益金の使途

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月31日更新

収益金の使途

福岡県の収入となる宝くじの収益金は、学校や道路の整備、博物館等の運営など、皆さまの日常生活に役立つように使われています。

平成30年度に福岡県の公共事業等に充当された宝くじの収益金
・・・・・・・・約54.6億円

●学校、道路、河川等の整備に・・・・・・・・・・・・・・   13.4億円

●子ども・子育て支援や高齢者の活躍応援に・・・    12.0億円

●博物館、美術館、図書館の整備及び運営に・・・    7.0億円

 その他、中小企業の支援、技術振興などに役立てています。


活用事業のご紹介

宝くじの収益金を活用した事業の代表的な例をご紹介します。

高等学校建設事業

 戸畑工業高校改築

剣道場

2階アリーナ

南側外観

 

 

芸術文化振興事業

ふくおか県民文化祭(子ども能楽教室)

こども能楽教室

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。