ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県土づくり・地域振興 > 河川・ダム > 河川の維持・管理 > 高尾川の床上浸水対策特別緊急事業を実施します

高尾川の床上浸水対策特別緊急事業を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月17日更新

高尾川の床上浸水対策特別緊急事業を実施します

 高尾川・鷺田川流域では、これまで浸水被害が頻発していたため、本川の御笠川改修後、下流鷺田川より交付金事業にて重点的に河川改修を実施しておりました。

 しかし、平成26年8月22日未明の豪雨によって、鷺田川改修後に着手予定であった高尾川流域において床上浸水が発生し、筑紫野市街地に甚大な被害をもたらしました。

 そのため、緊急的かつ集中的な河川整備を国に対し強く要望し、平成27年4月9日に高尾川床上浸水対策特別緊急事業が採択されました。

 これにより、市街地を流れる高尾川流域において、平成27年度から概ね5年間での事業完了を目標に、地下河川整備や橋梁改築などの整備を実施することにより、被害の再発防止を図ります。

(事業概要)

  事業名:床上浸水対策特別緊急事業

  河川名:御笠川水系高尾川

  事業期間:平成27年度から概ね5年間

  事業延長:約1キロメートル

  整備内容:地下河川整備、橋梁改築等

高尾川床上浸水対策特別緊急事業の平面図

(平成28年度 取り組み内容)

  ・地下河川築造工事

  ・水道橋 橋梁架け替え工事

  ・井戸調査(県道紫橋付近~市営駐輪場付近)

     事業における井戸への影響について把握するため、工事着手前に河川周辺にある井戸の状況を調査します。

  ・建物調査(県道紫橋付近~市営駐輪場付近)

     事業における家屋等への影響について把握するため、工事着手前に河川沿いにある家屋等の状況を調査します。

  ・用地買収

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)