ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > 7月30日にJAたがわイチゴ部会定期総会が開催されました

7月30日にJAたがわイチゴ部会定期総会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月14日更新

あまおう生産向上を目指して

 令和元年7月30日(火曜日)、JAたがわ川崎集荷場において、JAたがわ苺部会の定期総会が開催されました。生産者と市場、JA組合長はじめ職員が参加されました。
 昨年の育苗時期は、7月の豪雨や8月の高温により苗に根傷み等の障害が発生し、苗不足も懸念されましたが、産地内の生産者間での苗供給調整を図ることで計画通りの作付けが出来ました。
 県の内陸部に位置している当地域では、冬期の日照が少ないため、草あ勢の確保が困難であることから、定植後のスムーズな初期生育を図り、厳寒期までに草勢を確保することに努め生産向上を図りました。
 市場関係者からは、着色が十分で糖度が高いことで評価も良く、出荷量、販売単価、販売金額ともに昨年を上回る実績を上げました。
 川上新部会長からは「今年のイチゴ生産は、しっかりした苗づくりを行い、昨年以上の出荷ができるよう、健康に留意しながら頑張っていきたい」と決意され、さらなる産地活性化を目指す総会となりました。
 今後とも、普及指導センターでは、関係機関と連携し、あまおう生産向上に向けた支援を行ってまいります。

定期総会のようす
草勢確保で生産性向上!

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。