ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > 第30回JAたがわ小松菜部会総会が開催されました

第30回JAたがわ小松菜部会総会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月26日更新

平成30年度JAたがわ小松菜部会総会

 令和元年7月23日(火曜日)、田川市のザ・ブリティッシュヒルズにおいて、第30回JAたがわ小松菜部会総会が開催されました。本部会は今年度で創立から30周年を迎え、総会後に創立30周年記念大会も開催されました。当日は部会員16名とJA職員、各取引市場の参加がありました。
 小松菜部会は新規の生産者が増加し、若手生産者が多い部会で、平成30年度は部会員数26名で活動を行ってきました。生産面積の増加と夏の高収量品種への品種転換を推進した結果、平成30年度の実績は、出荷量、販売金額ともに前年度を上回る結果となりました。
 また、創立30周年記念大会では、今後の小松菜部会の取組として、「農福連携の推進」、「加工用小松菜の取組の推進」、「部会員に向けたGAPの推進」等が挙げられ、部会員が一丸となって進むべき方向が示されました。
 山野部会長からは、「先輩方が立ち上げ、紡いできた小松菜部会が無事に30周年を迎えられて嬉しく思う。年々新規生産者も増えてきており、部会の中で技術研鑽を行いながら、まず1億円産地を目指していきたい。」と挨拶があり、未来への意気込みを語られました。
 田川普及指導センターは、今後も小松菜生産者の支援を行っていきます。

総会の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。