ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > 7月18日に田川地域新規就農者のつどいを開催しました

7月18日に田川地域新規就農者のつどいを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月22日更新

田川地域新規就農者のつどいを開催

令和元年7月18日(木曜日)、田川普及指導センター研修室において、「田川地域新規就農者のつどい」(主催:田川地域農業振興協議会)を開催しました。
この「つどい」は、新規就農者の早期定着を目的として毎年開催しているもので、就農1~3年目の新規就農者や就農希望者7名と市町村、JA、農業共済組合、農林事務所、普及指導センター職員等あわせて27名が出席しました。
関係機関による「新規就農に係る制度や情報」についての説明のあと、「新規就農者のみなさんへ」と題し、就農6年目の鈴木光輝氏(大任町:コマツナ栽培)より6年間の経営実績をふまえ、これから目指すべき方向についてお話していただきました。
2分科会に分かれて行った意見交換会では、新規就農者が現在抱えている悩み・課題について活発に議論し、各班より「作業日誌など記録をとり、作業の効率化を図ることが必要。記録により自身の状況が確認でき、規模拡大等の計画策定に役立つ。」「地域でのコミュニケーションが大事。それが販売先確保にもつながる。」などの意見がまとめられました。さらに「空きハウスのデータベース化や、農業者と就農希望者のマッチングで研修受け入れを積極的に行ったらどうか」など新規就農者から関係機関に向けた提案も寄せられました。
これからも、普及指導センターは関係機関と連携し、新規就農者の育成及び定着を支援していきます。

新規就農者のつどい 分科会の様子
新規就農者のつどいでの講演の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。