ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 普及指導センター情報 > エルニーニョ現象に負けない大豆づくり

エルニーニョ現象に負けない大豆づくり

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月10日更新

JAたがわで大豆の部分浅耕一工程播種実演会

 

令和元年6月19日(水曜日)に、添田町のJAたがわ添田集荷所と小麦収穫後の圃場において、大豆の部分浅耕一工程播種実演会が開催されました。当日は、大豆生産農家とJA職員、農機具販売店等の約30名が参加されました。

今年はエルニーニョ現象の影響で、梅雨明けが遅れる可能性が高いという情報があるため、普及指導センターでは梅雨明けが遅れる場合を想定して、降雨の合間に播種するための作業体系や種子消毒剤の選定、除草剤散布についての注意点を説明しました。

昨年、「部分浅耕1工程播種」は乾燥害の軽減に大きな効果を発揮しましたが、本来は降雨直後でも播種可能で、安定した出芽苗立ちが得られる技術です。効果を発揮するには、耕深、PTO回転数、播種深度の設定が重要であるため、実際に圃場で播種を行いながらロータリや播種機の設定方法を説明しました。また、株式会社 太陽から部分浅耕播種用の専用爪が発売されたことや、地元の農機具販売店がレンタル用の部分浅耕ロータリを準備していることを紹介し、この技術の更なる普及に取り組んでいます。

昨年「部分浅耕一工程播種」に取り組まれた農家から、「収量が高く、コスト低減効果が大きかった」等の報告もあり、参加者からも多数の質問が出されていました。

今後も、普及指導センターは関係機関と連携して、最新の技術と情報で大豆の収量向上を目指し、農家の所得向上に取り組んでまいります。

雑草防除についての説明
播種実演会の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。