ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て・教育 > 教育 > 教育施策 > 福岡県高等学校奨学金

福岡県高等学校奨学金

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

高等学校等で奨学金の貸与を希望する方へ

 公益財団法人福岡県教育文化奨学財団が実施する奨学金は、勉学意欲がありながら経済的理由により修学に困難がある人に対して貸与されます。

 また、奨学金の貸与が終了すると、奨学生本人に返還の義務が生じます。返還金は、後輩奨学生の奨学金として直ちに活用される重要なものです。

 家庭の経済状況やあなたの人生・生活設計に基づき、十分考慮のうえ申込みをしてください。

1 奨学金の種類

(1)高等学校等の学生に対する奨学金

  • 入学支度金(無利子)
     入学金など入学時の一時的な学費に充てるため貸与するものです。
     貸与予定時期:4月下旬
  • 奨学金(無利子)
     授業料や校納金など日常的な学費に充てるために貸与するものです。
     貸与予定時期:年4回

     平成26年度の奨学金貸与予日は、下記のとおりです。
     なお、貸与予定日はやむを得ない事由により変更することがあるので、ご了承ください。

    貸与時期貸与予定日
    第1回(4~6月分)継続者平成26年 6月10日
    第1回(4~6月分)予約募集に係る新規貸与者平成26年 6月30日
    第1回(4~6月分)在学募集に係る新規貸与者平成26年 7月31日
    第2回(7~9月分)平成26年 9月10日
    第3回(10~12月分)平成26年12月19日
    第4回(1~3月分)継続者平成27年 2月27日

(2)大学等の学生に対する奨学金

 大学における奨学金を希望される方は、日本学生支援機構 もしくは、民間・大学等の奨学金制度にお申込みください。

2 募集方法

(1)予約募集(年1回)

  • 高校入学前に募集します。(7月上旬~各学校が定める期日)
  • 進学する前年に在学している中学校の奨学金窓口に申し出てください。
  • 入学支度金は、予約募集のみとなります。

(2) 在学募集(年1回)

  • 高校在学中に募集します。(4月上旬~各学校が定める期日)
  • 在籍学校の奨学金窓口に申し出てください。

(3) 緊急募集(随時)

  • 高校在学中に限って募集します。
  • 家計急変で奨学金を緊急に必要とする場合に、随時申し込むことができます。
  • 在籍学校の奨学金窓口に申し出てください。

募集時期等の詳細につきましては、在籍学校の奨学金窓口にお問い合わせください。

 

3 申込要件

(1)入学支度金

  • 対象者
     来年度4月に高等学校等へ入学を希望していること
     保護者が福岡県内に生活の本拠を有していること
  • 対象校種
     高等学校(専攻科を含む)、中等教育学校後期課程、高等専門学校
  • 収入基準
     世帯の全収入額(年額)が生活保護基準額の1.0倍以下

(2)奨学金

  • 対象者
     保護者が福岡県内に生活の本拠を有していること
  • 対象校種
     高等学校(専攻科を含む)、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部(専攻科を含む)、
     高等専門学校、専修学校高等課程(奨学金取扱課程のみ)
  • 収入基準
     予約募集:世帯の全収入額(年額)が生活保護基準額の1.5倍以下
     在学募集:世帯の全収入額(年額)が生活保護基準額の2.4倍以下
  • 緊急募集申請要件
     保護者の離職や死亡等により家計が急変した場合

4人世帯の収入・所得の上限額の目安

入学支度金収入基準
(生活保護基準1.0倍)
奨学金(予約)収入基準
(生活保護基準1.5倍)
奨学金(在学)収入基準
(生活保護基準2.4倍)
給与収入のみの世帯3,234,530円 4,851,795円 7,762,872円
給与所得以外の世帯2,082,400円 3,338,400円 5,786,584円

世帯の状況によって収入基準額に変動がありますので、詳しくは在籍学校の奨学金窓口にお問い合わせください。

基準を満たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されないことがあります。

4 貸与月額

(1)入学支度金

  • 公立高校: 50,000円/年
  • 私立高校:100,000円/年

(2)奨学金

  • 奨学金の貸与期間は、卒業するまでの標準修業期間です。
    (例)全日制高校:3年、定時制高校:4年、高等専門学校:5年 留年などによる貸与期間の延長はありません。

[平成23年3月以前に入学された奨学生]

 奨学生の貸与月額は、学種別・通学形態別に定められています。

校種通学貸与月額
公立自宅通学18,000円/月
自宅外通学23,000円/月
私立自宅通学30,000円/月
自宅外通学35,000円/月

[平成23年4月以降に入学された奨学生]

 奨学生の貸与月額は、学種別・通学形態別に応じ3区分から選択可能です。

校種通学貸与月額
公立自宅通学18,000円/月
15,000円/月
10,000円/月
自宅外通学 23,000円/月
20,000円/月
15,000円/月
私立自宅通学30,000円/月
20,000円/月
10,000円/月
自宅外通学35,000円/月
25,000円/月
15,000円/月

5 返還

奨学金を借り終えたあとは、必ず奨学生本人が返還しなければなりません。

返還金は、後輩奨学生の奨学金として直ちに活用される重要なものです。

ご理解とご協力をお願いします。


(1)返還方法

 原則、奨学生本人名義の銀行口座から口座振替の方法で返還します。

(2)返還の開始時期と返還期間

  • 返還の開始時期
     奨学金の貸与終了後6ヶ月を経過した後、返還が始まります。
  • 返還期間
     学校種別により次のように定めています。
     公立:貸与期間(奨学生であった期間)の3倍
     私立:貸与期間(奨学生であった期間)の4倍
    例)公立の全日制高校で3年の貸与を受けた場合、9年間で返還することとなります。

(3)猶予と免除

  • 返還猶予
     上級学校等に進学、あるいは傷病等により返還が著しく困難になった場合等
  • 返還免除
     貸与を受けた者が死亡し、著しい障害を受け労働能力を喪失し、又は著しい障害を受け労働能力に高度の制限を有し、返還することができなくなったとき。

 詳細については、公益財団法人福岡県教育文化奨学財団(福岡支所)あてにお問い合わせください。

(4)返還額

<貸与月額と返還例>

校種通学貸与月額貸与総額返還期間年間返還額
公立自宅18,000円/月648,000円9年間72,000円/年
15,000円/月540,000円60,000円/年
10,000円/月360,000円40,000円/年
自宅外 23,000円/月828,000円92,000円/年
20,000円/月720,000円80,000円/年
15,000円/月540,000円60,000円/年
私立自宅30,000円/月1,080,000円12年間90,000円/年
20,000円/月720,000円60,000円/年
10,000円/月360,000円30,000円/年
自宅外35,000円/月1,260,000円105,000円/年
25,000円/月900,000円75,000円/年
15,000円/月540,000円45,000円/年

※返還期間及び返還額は、全日制高校で3ヶ年の貸与を受けた場合の返還額

(5)返還の督促と法的措置

 奨学金の返還滞納者に対しては、公益財団職員もしくは督促を専門に行う滞納債権督促員が、自宅や勤務場所を直接訪問して督促します。

 法的措置は、延滞者の対応に応じて、支払督促申立等の措置を経て、最終的には強制執行へと段階的に進んでいくことになります。

 以上のような督促に訴えるまでもなく、奨学金の貸与を終了した人が、奨学金返還の意義及び重要性を認識して、滞りなく奨学金の返還を履行するよう期待しております。

お問い合わせ先

その他奨学金に関するお問い合わせは、在籍学校の奨学金窓口、若しくは下記の

公益財団(福岡支所)連絡先までお願いします。


公益財団法人福岡県教育文化奨学財団(福岡支所)

〒812-8575

 福岡市博多区東公園7番7号 福岡県教育庁内

  電話:092-641-7326

  Fax:092-641-7530