ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 防災・国民保護 > 消防 > 第3回福岡県女性消防操法大会

第3回福岡県女性消防操法大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月28日更新

 県では、約900人の女性消防団員が活躍しており、日頃から消防団活動が活発に行われています。
 8月27日、女性消防団員の消防技術向上と士気の高揚を図り、地域における消防活動を充実させるため、第3回福岡県女性消防操法大会が嘉麻市で開催されました。
 大会名誉会長である小川知事は「このたびの記録的な豪雨により、朝倉市、東峰村を中心に甚大な被害が発生しています。多くの団員の方々が被災者の救助、行方不明者の捜索、住民の避難支援などに従事され、改めて消防団の必要性を認識したところです。女性消防団の皆さまは、お忙しいお仕事や家事のかたわら、消火活動はもとより、高齢者の方々への防火訪問、また、地域の皆さんへのきめ細かな防火指導など、女性ならではの活動を積極的に展開していただいています。皆さまの日頃のご熱意、そのご尽力に改めて敬意を表し、感謝を申し上げます」と述べました。

 また、消防団の活動を広く知っていただくため、消防車両への搭乗体験などができる防災イベントも開催され、煙内通過体験をする子どもたちなどでにぎわいました。

【大会結果】

優  勝   久留米市女性消防隊
準優勝   広川町女性消防隊
3  位   筑紫野市女性消防隊

※ 優勝した久留米市女性消防隊は、9月30日に秋田県で開催される第23回全国女性消防操法大会に出場します。

あいさつする知事
(写真)あいさつする知事

演技の様子
(写真)演技の様子

防災イベントの様子
(写真)防災イベントで消防車両への搭乗体験を行う知事