ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県土づくり・地域振興 > 交通基盤 > 道路 > 一般国道 200号バイパス 直方大橋 橋梁補修事業

一般国道 200号バイパス 直方大橋 橋梁補修事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月5日更新

一般国道 200号バイパス 直方大橋 橋梁補修事業

事業箇所

箇所図

事業の概要

 一般国道200号は、北九州市と久留米市を結ぶ幹線道路であり、緊急輸送道路(注)にも指定されている重要な路線です。
 本橋梁は昭和53年に架設されており、点検の結果、主桁・横桁に腐食がみられ、橋台胸壁、橋脚等に遊離石灰や地覆に欠損が確認されました。
維持補修を行うことにより橋梁の長寿命化を図るものです。

  • (注)緊急輸送道路とは:災害等の際、避難・救助をはじめ、物資供給等の応急活動のために、緊急車両の通行を確保すべき重要な路線で、高速自動車国道や一般国道及びこれらを連絡する幹線的な道路。

事業着手前の状況

橋梁全体
舗装のわだち状況
ひびわれ状況
鋼材の腐食状況

補修の概要

主な橋梁補修の内容例

取り組み状況

平成27年度より事業に着手し、橋面舗装補修と橋台2基、橋脚4基のひび割れ断面補修を行いました。

平成28年度から上部工の塗替え塗装工事に着手しており、引き続き補修工事を実施していきます。

(平成30年3月現在)

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。