ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 農業 > 福岡の農業 > 主要農作物種子法廃止と福岡県の対応について

主要農作物種子法廃止と福岡県の対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月29日更新

主要農作物種子法廃止後も、福岡県ではこれまでどおり種子の生産・供給を行います

 福岡県では、主要農作物種子法廃止後も、「福岡県農林水産業・農山漁村振興条例(平成26年12月25日制定)」及び「福岡県稲、麦類及び大豆の種子の安定供給に関する基本要綱(平成30年4月1日制定)」に基づき、これまでどおり種子の生産及び供給を行います。

種子法廃止前と廃止後
パンフレット画像

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)