ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て・教育 > 教育 > 高校教育 > 社会の変化に対応した県立高等学校教育の総合的な振興方策について(答申)「はじめに」

社会の変化に対応した県立高等学校教育の総合的な振興方策について(答申)「はじめに」

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月2日更新

はじめに

 産業経済の分野における国、業種を越えた世界的な大競争時代の到来や、情報通信網の発達等によって、あらゆる分野においてグローバル化※1が急速に進んでいる。同時に、資源、エネルギー、環境などの分野において、世界規模の課題が生じており、現代社会は大きな変化に直面している。


 さらに、我が国では少子・高齢化の急速な進行によって、労働力や国民の生活水準等、社会の様々な分野に計り知れない影響を及ぼすことが懸念されている。


 このような、これまで経験したことのない変化の激しいこれからの時代においては、自分で課題を見つけ、自ら考え、問題を解決していく能力や、新たなものを生み出す豊かな創造力、相手の考えを的確に理解しつつ、自分の考えや意思を表現できるコミュニケーション能力、さらに、これらを培うための基盤となる豊かな人間性を有することが特に重要となってくる。


 こうした能力を培い、未来に向かってたくましく生きることができ、社会の発展に寄与する人間を育成するという点において、教育の社会的使命と責任は極めて重い。


 特に、学校教育においては、豊かな人間性や正義感、他人を思いやる心など、社会が変化しようとも「時代を超えて変わらない価値のあるもの」(不易)を培うとともに、今日直面している国内外の諸課題だけではなく、これから起こる課題を予測し、時代や社会の絶えざる変化に積極的かつ柔軟に対応できる青少年を育成するための改革を積極的に推進することが重要である。


 このため、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学のそれぞれの段階において教育改革の取組が求められている。


 併せて、国においては、地域の実態や住民の意向を生かしていくための地方分権の取組が進められている。


 そして、本県では、「ふくおか新世紀計画」※2を策定し、アジアの交流拠点を目指すとともに、研究開発機能の強化による新たな技術や産業の創出など、これまでにもまして多様性と創造性に富んだ県づくりに取り組んでおり、知的創造力にあふれ、新しい分野に向かってたくましく挑戦する人材を育成することが県政の重要な課題となっている。


 しかしながら一方では、高校教育改革において避けて通れない課題として、少子化の進行に伴う生徒数の急激な減少の問題に直面しており、県立高校の再編成等による適切な対応なしには教育内容の充実を図ることが難しい現状がある。


 こうした様々な状況を踏まえ、県立高校においては、本県の将来を担う青少年が、夢や目標を持って未来に向け挑戦し、いきいきとした人生を送るための資質・能力を育むことを目指し、長期的展望に立って、その在り方を根本的に見直した改革に取り組むことが必要である。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。