ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 防災・国民保護 > 防災情報 > 自助行動啓発冊子を作成しました

自助行動啓発冊子を作成しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月21日更新

風水害から自らの命を守るために 自助行動のすすめ

なぜ自助行動なのか

 災害時には「自助」、「共助」、「公助」が互いに連携し、被害を最小限に止めることが大切であり、中でも、「自助」、すなわち「自分の命は自分で守る」ことが最も重要であると考えられています。

 しかしながら、平成24年7月の九州北部豪雨で浸水被害があった際、実際に自ら避難行動をとった住民の方々が少なく、「自助」の重要性が浸透していない実態がありました。

冊子のねらい

 この冊子により、〔1〕市町村や自主防災組織の方々に豪雨災害や土砂災害の発生メカニズムを理解してもらい、〔2〕市町村や自主防災組織から住民の皆様に広めてもらいたいと考えています。

 これにより、住民の皆様が「自助」の重要性を認識し、市町村の避難指示等だけに依らない、防災情報を活用した自助行動につなげていただきたいと思います。

冊子をダウンロードすることができます

 市町村や自主防災組織向けマニュアル
 住民配布用パンフレット

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)