ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て・教育 > 教育 > 高校教育 > III 各新高校の設置計画(第8学区普通科総合選択制高校)

III 各新高校の設置計画(第8学区普通科総合選択制高校)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月2日更新

1 設置の概要

再編成対象校

新高校設置場所

学科構成

募集定員見込み

通学区域

浮羽
浮羽東

現浮羽高校校地
【浮羽郡吉井町】

普通科総合コース

280名程度

筑後地区

2 設置の基本理念

 大学進学を視野に入れた普通科教育を充実させるとともに、両校のこれまでの教育の成果を生かした教育内容を体系的に整備することにより、生徒の幅広い学習希望・進路希望等に適切に対応した多様な教育を展開する。

3 設置の形態

 普通科において、生徒の多様な進路希望等に対応した複数の学系を設置し、それぞれの学系において体系的な教育の機会を確保しつつ、学系間相互の科目履修を可能とすることにより、複合的で柔軟性のある教育を行う普通科総合選択制高校とする。

 

4 設置学系と履修形態(学系名については仮称)

学系名

学系の特色

人文

国語、地歴、公民、外国語(英語)に重点を置きながら、数学や理科等の教科もバランスよく学習できる学系。

人文コミュニケーション

 国語、地歴、公民、数学、理科、外国語(英語)等の普通教科をバランスよく学習することに加えて、ディベート、プレゼンテーション、小論文等を学習し、コミュニケーション能力の向上を図ることができる学系。

情報マネージメント

 情報や情報機器の活用、ビジネスに関する学習に重点を置きながら、国語、地歴、公民、数学、理科、外国語(英語)等の普通教科もバランスよく学習できる学系。

理 数

 数学や理科に重点を置きながら、国語、地歴、公民、外国語(英語)等の教科もバランスよく学習できる学系。

生活環境

 国語、地歴、公民、数学、理科、外国語(英語)等の普通教科をバランスよく学習することに加えて、保育、看護、服飾、食物といった生活に関わる専門分野の基本的な内容を学習できる学系。

履修形態のイメージ

  1年次は原則として、全員共通カリキュラムで学習する。
  2年次以降は興味・関心、能力・適性、進路希望等に基づき、いずれかの学系を選択するとともに、個々の学習ニーズに応じて総合選択科目を履修する。

第8学区履修形態のイメージ図です

5 教育活動の特色

(1)チューター制


  学級担任とは別に、生徒の進路学習や進路相談を担当する学系の担任(チューター)を置き、進路選択や進路実現に関する支援を行う。

(2)ガイダンス機能の充実


  生徒が主体的に学系や科目を選択できるよう、ガイダンス機能を充実し、計画的・組織的にきめ細かな指導を行う。

(3)「総合的な学習の時間」の活用


  生徒の進路意識の形成を図るため、自己の在り方生き方をテーマに、1年次は自己理解を中心に、2年次は自己啓発を中心に進路学習を行い、3年次には課題研究やプレゼンテーションの学習を行う。

(4)ホームルーム編成


  生徒間の交流を促進するため、原則として、異なる学系に所属する生徒からなる「ミックスホームルーム」を編成する。

6 定時制課程について

 浮羽高等学校定時制課程については、当面、募集を継続する。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。