ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て・教育 > 教育 > 高校教育 > 県立高等学校再編整備基本計画について

県立高等学校再編整備基本計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月2日更新

県立高等学校再編整備基本計画(概要)


  •  県立高等学校が、情報化、国際化の進展をはじめとする社会の変化や中学校卒業者数の急激な減少など、直面している様々な課題に対応し、21世紀を築く人づくりを担っていくためには、長期的な展望に立って、その在り方を抜本的に見直し、すべての学校を対象とした教育改革を推進する必要がある。
  •  県立高等学校の教育改革に係る諸方策として、教育内容及び教育環境の改善・充実のための様々な施策を実施することとし、これらの条件整備として学校・学科の再編成に取り組むこととする。
  •  本基本計画は、これらの基本方針をまとめたものであり、平成12年度から平成20年度までを整備期間として、今後、学校の主体的な取組を踏まえるとともに、様々な意見や地域の実情等を勘案しながら、順次「実施計画」の策定を行う。

I 教育内容・方法の充実と学科等の再編成

 これからの県立高等学校においては、生徒がそれぞれの学習希望等に応じて学ぶ内容を主体的に選択することを中心に据えた「柔らかで多元的な教育システム」への転換を推進する。

 1 教育内容・方法等の改善・充実

  • 多様な選択教科・科目の開設、きめ細かな類型の設定や単位制の導入
  • 進路目標や習熟の程度に応じた確かな学力を培うための指導方法の工夫・改善
  • 学校の状況や教育内容に即した学期制や1単位時間の弾力的な運用
  • 体験的な学習や問題解決的な学習の推進
  • 学校外における学修に対する単位認定等をとおした多様な学習機会の拡大

 2 各学科の整備・充実

 (1)普通科系
  • 情報系、芸術・デザイン系、環境系等特色あるコースの整備
  • 専門学科・類型との役割分担等を考慮した、既設コースの配置の見直し
  • 募集人員等を弾力的に取り扱う柔軟なコース制の導入
  • 体育学科、国際学科等の新たな専門学科の整備と既設学科の教育内容の充実
  • 中高一貫教育の導入
  • 単位制の導入
 (2)総合学科
  •  「情報」「国際理解」「環境」「福祉」「ビジネス」「生活園芸」「工業」など今日的な課題や地域の特色等に応じた系列を整備した総合学科の設置
 (3)職業系専門学科
  • 専門教育としての職業教育の必要性と進路意識の形成をねらいとした職業教育の役割を踏まえた学科の整備
  • 各学校・学科の教育機能を踏まえた集約化・重点化による学科の精選
  • それぞれの学科における教育内容の多様化・弾力化の推進
  • 総合学科や普通科等における職業教育の展開
  • 新たな専門教科である「情報」及び「福祉」に関する専門学科の整備・充実
 (4)総合選択制の導入
  • 複数学科併置校における総合選択制の導入

II 県立高等学校の適正な配置

 1 適正配置の考え方

 (1)全日制
  • 多様で弾力的な教育活動と適正な学校運営が期待できる望ましい学校規模の基準を念頭に置いた学校の適正配置
  • 望ましい学校規模の基準の設定(1学年240~320人)
  • 中学校卒業者数の動向、地理的条件や交通事情、地域の実情、及び学科の適正配置の観点等を考慮した再編整備
  • 学校の機能の集約化や生徒・地域のニーズへのより適切な対応を目指した学校統合の必要性
 (2)定時制
  • 定通併修の機会拡大や単位制高校での履修機会の設定など、多様な教育機会確保のための適切な措置
  • 夜間定時制の集約化・重点化と定時制単位制高校の整備

 2 今後の県立高等学校の配置

  • 普通科教育の特色化方策として、コース制を中心とした学校や全日制単位制高校、中高一貫教育校等の配置
  • 産業社会の状況や生徒の進路意識等を踏まえた職業系専門学科の適正な配置
  • 各地区に2校程度の総合学科配置
  • 再編整備による県立高等学校の具体的な配置目標数の設定

 3 通学区域の整備

  • 現行通学区域制度を基本とした学校選択幅の確保
  • 再編整備の過程での必要に応じた学区の統合
  • 一学区内に、普通科教育を施す学校3校を含めた、4校以上の学校の配置
  • 新しいタイプの学校及び特色ある学科・コースに関する全県・地区単位の通学区域設定

III 教育環境の改善・充実のための諸施策

 各学校が主体的に特色ある教育活動を展開できるよう、基本的な制度の改善や学校運営体制等の充実に取り組んでいくものとする。

 1 特色ある入学者選抜の充実(早くとも平成14年度入試以降からの実施)

  • 各学校における学力検査問題作成に対する支援と専門学科等からの段階的な実施
  • 多様な試験方法・評価方法の導入による「個性重視の特別試験」の充実・発展と、これを学力検査に代えて活用する新たな選抜方法の実施

 2 主体的な進路選択に対する支援

  • 進路希望の変更に伴う転学・転科受入れの弾力化
  • インターンシップや高大連携の推進等による主体的な進路学習の支援

 3 学校外との連携・協力の推進

  • 社会人講師招聘事業の拡充等地域の教育力の積極的な導入・活用
  • 公開講座や施設開放、多様な広報活動による開かれた学校づくりの推進

 4 教育環境の整備

  • 学校の裁量権限の拡大と学校経営責任の明確化による学校の自主性・自律性の確立
  • 学校運営における「学校評議員」活用の在り方に関する研究
  • 各学校及び教職員に関する自己点検・評価システムの実践研究と段階的実施
  • 外部からの評価を取り入れた学校運営システムの導入
  • 校内研修体制の充実や民間企業等での研修機会の拡充による教職員の資質・能力の向上
  • 各学校の主体的な取組を支援する観点からの教職員の効果的配置
  • 新しいタイプの学校等における民間人の管理職登用
  • 実験実習設備や情報機器等、教育効果を高めるために必要な施設・設備の段階的・計画的整備
  • 専用教室の整備等定時制課程の教育環境の改善・充実

IV 再編整備の進め方

 1 実施の手順

  • 本計画のうち、制度の改革や学校の再編成等については、実施計画の策定により、計画的・段階的にその実施を図っていくことする。
  • 今後の社会状況の変化や国の動向等により考慮すべき問題が生じた場合には、実施計画の策定段階において必要な見直しを行うこととする。
 

基本計画の策定(平成11年12月)

  ・実施計画の策定に向けての検討

第一次実施計画の策定(平成12年度)

ア 実施計画の内容
  ・概ね平成13~15年度に実施する再編整備の具体的方策の決定
   (教育環境の改善・充実に関する施策及び再編成の対象校名等)
  ・新高校準備委員会(仮称)の設置と教育内容や設置年度等の検討
イ 新高校設置計画の決定
  ・再編成後の新高校の設置年度・場所、教育内容等の決定
ウ 新高校設置

以降段階的に実施計画策定

2 広報活動の充実

  • 実施計画の策定、準備委員会の設置、具体的設置計画の決定等の各段階に応じた積極的な広報活動の展開

  県立高校教育改革Q&A

21世紀を築く人づくりを目指して県立高校教育改革がはじまります。

 県教育委員会は、「福岡県県立学校教育振興計画審議会答申」(平成11年7月)及び「ふくおか新世紀計画」に基づいて、県立高校教育改革のための計画づくりに取り組んでいます。

教育改革の視点

 

新しい時代を生きる力を育てる教育の充実

  • 一人一人の個性を大切にした教育
  • 新しい時代を切り拓くための資質や能力を育成する教育
  • 生涯を通じて学ぶ意欲や態度を育成する教育

時代を超えて変わることのない、個性や創造性の基盤になる資質や能力を育てる教育の充実

  • 確かな学力を育てる教育
  • 豊かな人間性を培う教育

 21世紀を築く一人一人の子どもが、個性や進路希望に応じて、これからの社会を生きていくために必要な資質や能力を確実に身に付けることができるように、「柔らかで多元的な教育システム」を実現し、魅力ある県立高校づくりに努めます。

柔らかで多元的な教育システム

 一人一人の生徒の学習希望や進路希望等に的確に応えるために、学習分野の選択範囲をできる限り拡大するとともに、多様な教育方法を取り入れ、かつ多元的な物差しで生徒の個性や学習活動等を適切に評価することができるような多様で柔軟な教育システム

県立高校教育改革Q&A

県立高校教育改革について、みなさまのご質問にお答えします。

Q1 「なぜ、県立高校の教育改革が必要なのですか?」
Q2 「県立高等学校再編整備基本計画とはどのようなものですか?」
Q3 「基本計画はなぜ平成20年を目標にしているのですか?」
Q4 「それぞれの県立高校での教育はどのように改善されるのですか?」
Q5 「再編成すると県立高校はどのように変わるのですか?」
Q6 「職業に関する専門学科はどのように変わるのですか?」
Q7 「県立高校が地域で果してきた教育の成果は引き継がれるのですか?」
Q8 「単位制高校とは、どんな学校ですか?」
Q9 「総合学科高校とは、どんな学校ですか?」
Q10「中高一貫教育についてはどのように考えているのですか?」

Q11「この他にも新しいタイプの高校ができるのですか?」
Q12「望ましい学校規模についてはどのように考えているのですか?」
Q13「通学区域は変わるのですか?」
Q14「県立高校入試はどのような方向で改善されるのですか?」
Q15「県立高校が減ると、選べる高校が少なくなり、高校に入りにくくなるのではないですか?」
Q16「県立高校卒業後の大学等への進学対応はどうなるのですか?」
Q17「今後の計画づくりにも県民や保護者の意見が反映されていくのですか?」

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。