ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 防災・国民保護 > 被災者支援 > 7月5日からの大雨により被災された要配慮者に対する県内の旅館、ホテルの無償提供について

7月5日からの大雨により被災された要配慮者に対する県内の旅館、ホテルの無償提供について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月1日更新

被災された要配慮者に対する県内の旅館、ホテルの無償提供について

 県では、福岡県旅館ホテル生活衛生同業組合(注1)との協定(注2)に基づき、同組合員の旅館、ホテル等において、要介護・要支援の高齢者、障がい者、妊産婦など特に配慮を要する方々への無償提供を行いました。
 

 (注1)県内の旅館経営者及びホテル経営者により組織された団体で、組合員数286(平成29年3月末現在)
     理事長:井上善博(六峰舘)
 (注2)災害発生時、県内の旅館やホテルを避難所として円滑に利用できるように協定を締結(平成29年3月)

対象者について

 避難所での生活を余儀なくされた要介護・要支援の高齢者、障がい者、妊産婦など特別な配慮が必要な方とその介助者等。

提供内容について

 提供した内容は、宿泊、食事(ただし、専門的な介護、特別な配慮を要する食事の提供は除く。)、入浴です。

※入室後は、希望された方に対し、県の保健師等により健康チェック、健康相談を行いました。

費用負担について

 上記提供内容による個人負担はなし。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。