ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > スポーツ振興 > ラグビーワールドカップ2019™日本大会の概要

ラグビーワールドカップ2019™日本大会の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月21日更新

 福岡は2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ2019™の開催都市の1つに決定しています。

 本県では、県内のラグビー気運を高めることにより、2019年の福岡会場での試合の成功につなげていきたいと考えています。

 このたび、ラグビーワールドカップ2019日本大会の概要について県民のみなさまにお知らせします。

Ⓒ and TM RWCL 2015

The Rugby World Cup 2019 logo Ⓒ and TM Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.

ラグビーワールドカップとは

 4年に一度のラグビー世界一決定戦となるのがラグビーワールドカップです。

 世界中のラグビープレイヤーにとっては選ばれた人間だけが出場することができる憧れの舞台となります。

 約7週間で行われるラグビーワールドカップは、夏季オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ規模となる世界三大スポーツイベントのひとつです。

大会概要について

  1. 開催期間    平成31(2019)年9月20日金曜日から11月2日土曜日
  2. 参加チーム   20チーム
  3. 試合形式    総計48試合
               ○ 予選プール 5チーム×4プール(プール内総当たり戦):計40試合
               ○ 決勝トーナメント 準々決勝/準決勝/3位決定戦/決勝:計8試合
  4. 試合会場    日本全国12会場  http://www.rugbyworldcup.com/venues(新しいウィンドウで開きます)
  5. 開幕戦      9月20日金曜日 <東京都 東京スタジアム>
  6. 決勝戦      11月2日土曜日 <神奈川県 横浜国際総合競技場>
  7. 歴史
     1987年に第1回大会がニュージーランド、オーストラリア共催で行われ、その後、2015年のイングランド大会まで、8回開催される。
     第1回 1987年 ニュージーランド・オーストラリア共催
     第2回 1991年 イングランド
     第3回 1995年 南アフリカ
     第4回 1999年 ウェールズ
     第5回 2003年 オーストラリア
     第6回 2007年 フランス
     第7回 2011年 ニュージーランド
     第8回 2015年 イングランド

  8. 大会の特徴
    ○アジアで初のラグビーワールドカップ
    ○ラグビー伝統国以外で初のラグビーワールドカップ
    ○ラグビー(7人制)がオリンピック種目に採用されてから最初の大会

     

新トーナメントマークについて

 新トーナメントマークのテーマ 「ユニティ(Unity)」。ラグビーワールドカップにとっての新しいテリトリーである日本(アジア)とラグビー伝統国の選手、ファンが、「一体となって」ラグビーをグローバルスポーツにするためにアジアで初めての大会を「一緒に」創り上げること。

 日本の人々、そして全世界のラグビーファンがラグビーの精神を「共有」し、「団結」すること。そして開催都市を中心に日本全国が「結束」して、世界中から集まったラグビーファンをおもてなしし、素晴らしい体験をしてもらいたいという気持ちがこもっています。

 また日本の象徴となる朝日と富士山がワールドラグビーのマークと合わさることで、ラグビーにおける日本と世界の融合も示されてます。

東平尾公園博多の森球技場について

 所在地: 福岡県福岡市博多区東平尾公園2-1-1

 収容人数:22,563人

 竣工: 1995年

東平尾公園博多の森球技場

平尾誠二さんの御逝去にともなう知事追悼コメント

 

平尾誠二さんへ


 平尾誠二さんの突然の御逝去の報に接し、大変驚くとともに、残念でなりません。

 平尾さんとは、神戸製鋼が7連覇を達成された時分から親しくさせて頂きました。私が福岡に戻ってからも、試合で来県された時に、応援に行ったり、食事をし、ラグビー談議をさせて頂いたりしてまいりました。特に、お会いするたび、私の方からは、2019年のラグビーワールドカップの試合会場に当県が選ばれる夢を熱く語り、その御支援をお願いしてきました。

 願いが叶い、試合会場の1つに我が「博多の森球技場」が選ばれ、昨年7月に開催されたキックオフミーティング、それが平尾さんにお会いした最後となりました。その時も、平尾さんと、日本のラグビーをもっともっと盛り上げ、2019年の日本大会を大成功させようと語り合ったものです。これからも御指導頂きながら一緒にやりたかった。本当に残念です。

 平尾さんの笑顔と熱い思いを胸に、トップリーグをはじめ日本のラグビーを盛り上げ、ラグビーワールドカップと東京オリンピック・パラリンピックの成功、そして日本チームの活躍を願って取り組んでまいります。どうか遠い空から見守り、応援してください。

 改めて、平尾さんの御功績を偲び、謹んで御冥福をお祈りいたします。

 

 

 福岡県知事  小川 洋

 

 

平尾誠二さんと①平尾誠二さんと②平尾誠二さんと③

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。