ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 労働者保護 > 労働相談 > 労働相談 (サービス残業等)

労働相談 (サービス残業等)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月5日更新

 私は、IT関係の会社で広告担当の仕事をしています。所定の勤務時間は10時から19時となっていて会社の中で働いていますが、定時で仕事が終わることはまれで、ほぼ毎日残業しています。しかし、全く残業代は支給されません。会社の先輩は「うちは、みなし労働時間制なので残業代は出ない」と説明してくれましたが、どうしても納得できません。これってサービス残業に当たるのではないでしょうか。

 一般的に言われる「サービス残業」とは、1日の所定労働時間を超えて労働しているのに、それに対する賃金(法定労働時間超に対しては割増賃金)が支払われていないことを言います。
 一方で 「みなし労働時間制」とは、その日の実際の労働時間にかかわらず、その日はあらかじめ定めておいた時間労働したものとみなす制度です。
 この「みなし労働時間制」には、次の3つの種類があります。
 1 事業場外労働(労働基準法第38条の2)
 2 専門業務型裁量労働制(同法第38条の3)
 3 企画業務型裁量労働制(同法第38条の4)

 専門業務型のみなし労働時間制が適用される業務は、「業務の性質上その遂行の方法を労働者の裁量に委ねる必要があるため、業務の遂行手段及び時間配分の決定等に関し具体的な指示をすることが困難なもの」として、現在19の業務に限定されています。

 しかし、対象業務であっても、この専門業務型裁量労働制を適用するためには、労働者の過半数で組織する労働組合(又は労働者の過半数を代表する者)と使用者との間で、対象となる業務や対象となる業務の遂行の手段や時間配分の決定等に関し、当該労働者に対し使用者が具体的な指示をしないことなどを、協定で定めた上で、労働基準監督署に届け出なければなりません。

 あなたの場合は、IT関係の広告を担当しているため、専門業務型裁量労働制の対象業務である「コピーライター」に該当するかどうかが問題になります。仮に、該当する場合でも、働く時間について自由に決めることが出来なければ「時間配分の裁量権」があるとは言えないことから、みなし労働時間制は適用できません。

 また、みなし労働時間制の適用を受けている場合でも、みなし労働時間制により算定される労働時間が法定労働時間(1日8時間、1週40時間)を超える場合には、時間外労働をすることになりますので、36協定の締結・届出、割増賃金の支払いが必要になります。

 さらに、休憩(第34条)、休日(第35条)、深夜業(第37条)に関する規定等は適用されますので、みなし労働時間制を採用していることを理由として休憩や休日を与えなかったり、休日労働や深夜業に対する割増賃金を支払わないことは労働基準法違反となります。

 したがって、あなたの会社が、あなたの仕事について、労働基準監督署に届け出をし、みなし労働時間制を適用しているか確認する必要があります。

 もし、みなし労働時間制の適用を受けていない場合で、所定労働時間を超えて働いた分の賃金が支払われていなければ、サービス残業に当たると言えますので、未払い賃金を請求できます。具体的な未払い賃金の算出方法については、「労働時間と休日休暇」の「時間外労働」を参照いただくか、「最寄りの労働基準監督署や労働者支援事務所にお尋ね下さい。

根拠法令等

 労働基準法第34条(休憩)、第35条(休日)、第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)、第38条の2、第38条の3、第38条の4

 

【参考】

 働き方改革の一環として、労働基準法が改正され、「高度プロフェッショナル制度」が新設されました(2019年4月1日施行)。

(内容)職務の範囲が明確で一定の年収(1075万円以上を想定)を有する労働者が、高度の専門的知識等を必要とする業務に従事する場合に、年間104日の休日を確実に取得させること等の健康確保措置を講じること、本人の同意、労使委員会の決議等を要件として、労働時間、休日、深夜の割増賃金等の規定を適用除外とする。

 対象は高度専門職のみ(金融商品の開発業務、金融商品のディーリング業務、アナリストの業務(企業・市場等の高度な分析業務)、コンサルタントの業務、研究開発業務など)。

 

【平成26年11月当初掲載 (平成31年4月更新)】

労働に関する相談は下記の各労働者支援事務所で受け付けています

福岡労働者支援事務所    :TEL 092-735-6149

北九州労働者支援事務所 :TEL 093-967-3945

筑後労働者支援事務所    :TEL 0942-30-1034

筑豊労働者支援事務所    :TEL 0948-22-1149

 

※ 相談受付時間:開庁日の8時30分から17時15分(祝日及び12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。