ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > スポーツ振興 > 平成28年度日本パラリンピック委員会選手発掘事業「めざせパラリンピック!可能性にチャレンジ2016in福岡」が開催されました

平成28年度日本パラリンピック委員会選手発掘事業「めざせパラリンピック!可能性にチャレンジ2016in福岡」が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月7日更新

 11月5日、福岡市のアクシオン福岡にて、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会が主催の「めざせパラリンピック!可能性にチャレンジ2016 in 福岡」が開催されました。この事業は日本パラリンピック委員会選手発掘事業として平成26年度から開催され、九州では初開催となります。今回は、初めて地方自治体(福岡県、福岡市、北九州市)との共催で行われました。県内外から集まった約100人の参加者は、本事業では過去最多となる24種目のパラリンピック競技種目を体験しました。開会式では、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックに出場した選手4名が参加者に向けてエールを送りました。

 出席した小川知事は、「いろいろな競技種目にチャレンジし、自分にあったスポーツを見つけていただければと思います。今日一日が参加者の皆さんにとって、『マイスポーツ』に出会える有意義な日となりますこと、また、こうしたイベントを通して、福岡県はもとより、日本の障害者スポーツがますます盛んになることを願っています」とあいさつしました。

あいさつする知事
(写真)あいさつする小川知事

左から廣瀬誠選手(柔道)、廣瀬順子選手(柔道)、道下美里選手(女子マラソン)、松田丈志選手(競泳)
(写真)左から廣瀬誠選手(柔道)、廣瀬順子選手(柔道)、道下美里選手(女子マラソン)、松田丈志選手(競泳)

パラリンピック競技を体験する参加者
(写真)パラリンピック競技を体験する参加者

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。