ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 住まい(土地・建物) > 県営住宅 > 平成29年7月九州北部豪雨による被災者のための応急仮設住宅の建設について

平成29年7月九州北部豪雨による被災者のための応急仮設住宅の建設について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月2日更新

平成29年7月九州北部豪雨による被災者のための応急仮設住宅の建設について

 県では、7月13日に朝倉市、東峰村から応急仮設住宅の建設要請を受け、被災者の不安を早急に解消するため、早急に取り組みを進めます。

朝倉市の応急仮設住宅について

(1)杷木地区建設分(7月18日公表)

  1. 建設場所  杷木小学校運動場
  2. 建設戸数  40戸(木造)
  3. 住宅規模  一般住戸 40戸(1戸あたり約20から約40平方メートル)
  4. 工事工期  着工 平成29年7月19日  竣工 平成29年8月18日(予定)
  5. 入居予定  平成29年8月19日以降
  6. 入居     最長2年
  7. 家賃等    家賃、敷金はなし。ただし、光熱費は自己負担。
  8. 入居手続き等 入居者の選定及び入居手続きは朝倉市が行います。

  (注意)入居対象世帯は朝倉市にお住まいで、当該災害により、住居が全壊又は流失するなど、居住する住宅がない世帯。

(2)甘木・朝倉地区建設分(7月21日公表)

  1. 建設場所  みんなの広場、朝倉市朝倉球場
  2. 建設戸数  計40戸(木造、各20戸)

  (注意)住宅規模については、今後、朝倉市で被災者の聞き取り内容を踏まえ、決定します。

  (注意)建設時期については、住宅規模が決定次第、なるべく早急に着手予定です。

  (注意)入居対象世帯は朝倉市にお住まいで、当該災害により、住居が全壊又は流失するなど、居住する住宅がない世帯。

(3)申し込みについて(7月28日 朝倉市公表分)

 朝倉市の応急仮設住宅について、7月31日(月曜日)から朝倉市で受付を開始しています。

 詳しくはこちらをご覧ください。

 http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1501150933762/index.html

東峰村の応急仮設住宅について

(1)宝珠山地区(7月18日公表・7月26日更新)

  1. 建設場所  旧宝珠山小学校運動場
  2. 建設戸数  19戸(木造)
  3. 住宅規模  一般住戸 17戸(1戸あたり約20から約40平方メートル)  福祉型住戸 2戸
  4. 工事工期  着工 平成29年7月19日  竣工 平成29年8月18日(予定)
  5. 入居予定  平成29年8月19日以降
  6. 入居     最長2年
  7. 家賃等    家賃、敷金はなし。ただし、光熱費は自己負担。
  8. 入居手続き等 入居者の選定及び入居手続きは東峰村が行います。

  (注意)入居対象世帯は東峰村にお住まいで、当該災害により、住居が全壊又は流失するなど、居住する住宅がない世帯。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。