ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政基本情報 > 情報・IT化 > 地域情報化 > 福岡県オープンデータサイトを開設

福岡県オープンデータサイトを開設

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月28日更新

「福岡県オープンデータサイト」の開設

 県民生活の利便性の向上や新ビジネスの創出などの企業活動の活性化を促進するため、公共データの自由な二次利用を進めることが有効です。
 このため、県では、平成29年6月28日から、県が保有するデータをオープンデータとして公開する「福岡県オープンデータサイト」を開設しました。

 また、福岡市及び北九州市が、2016年3月から共同で運営するサイト「自治体オープンデータ」に、県も参加します。
 これにより、「自治体オープンデータ」サイトからは、両政令市のデータに加えて、県のデータも含め横断的に検索が可能となります。

登載するデータについて

 このサイトでは、人口、世帯数、産業別生産額、産業別就業者数などの各種統計資料および避難所、避難施設、病院などの生活関連情報をはじめ、環境白書、農業白書などの行政資料を搭載しています。

自由に二次利用可能

 サイトに搭載しているデータは、引用、加工など、自由に利用することができます。たとえば、避難所の所在地のデータを加工し、最寄りの避難所などの情報を確認できるアプリの開発などが可能になります。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。