ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光・文化・スポーツ > 世界遺産 > 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群 > 菅義偉内閣官房長官が海の道むなかた館を訪問されました

菅義偉内閣官房長官が海の道むなかた館を訪問されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月17日更新

 12月16日、菅義偉内閣官房長官が海の道むなかた館を訪れ、小川知事が同行しました。

 知事は、菅内閣官房長官や同行者の方々と共に、平成29年7月に世界遺産に登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群に関する展示物や大型スクリーンに映し出された映像を観賞したほか、普段立ち入ることができない沖ノ島をVRで体験しました。

菅官房長官や同行者の皆さんとの記念撮影の写真です

(写真左から)原崎智仁 福津市長、谷井博美 前宗像市長、宮田亮平 文化庁長官、宮内秀樹 衆議院議員、菅義偉 内閣官房長官、知事、伊豆美沙子 宗像市長、西谷正 海の道むなかた館館長

※原崎福津市長の「崎」は、「立つ崎」です。

この情報に関連する情報

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。