ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光・文化・スポーツ > 世界遺産を目指して > 宗像・沖ノ島と関連遺産群 > 平成29年度第1回「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会

平成29年度第1回「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月24日更新

 本年7月に世界遺産に登録された、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の保存管理と公開活用を目的として、県、宗像市、福津市および宗像大社を構成員とした、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会」を設立するための第1回会議が、10月24日、宗像市の海の道むなかた館で開催されました。

 小川知事は、「登録された貴重な遺産を、誇りと責任を持って保存管理し、次の世代に引き継いでいくとともに、資産の価値を正確に発信し、この資産にふさわしい形での利活用を図っていく必要があります。この協議会において、地元関係者、専門家の皆さまなどからもご意見をいただきながら、今後の取り組みについて検討などを行っていきます」とあいさつしました。

あいさつする知事

(写真)あいさつする知事

協議会の様子

(写真)協議会の様子

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。