ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 感染症対策 > 感染症情報 > 令和元年 HIV検査時間延長のお知らせ

令和元年 HIV検査時間延長のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月15日更新

HIV検査時間延長のご案内

6月1日~6月7日はHIV検査普及週間です。

HIV/エイズは終わっていません。近年、新規HIV感染者・エイズ患者報告数約1500件程度で横ばい傾向が続いています。

また、九州では新規HIV感染者・エイズ患者報告数は増加傾向です。

エイズとはHIVに感染することによっておこる病気です。しかし、診断時に既にエイズを発症している割合は約3割あり、早期発見のための検査機会を逃していることによるものと考えられます。

HIVには、だれもが感染する可能性があります。

また、症状がなくても感染している可能性があります。

HIVに感染しているかどうかは検査しなければわかりません。

もし、感染していても、早期に発見・治療すればエイズの発症を防ぐことができます。

宗像・遠賀保健福祉環境事務所では、HIV検査普及週間に合せて定例の検査時間の延長を実施します。

不安に思っていることがあれば、ひとりで悩まないで、是非検査をお受けください。

  • 無料・匿名での検査です。
  • 事前に電話予約が必要です。
  • 検査結果は、約1週間後に判明します。
  • 検査結果は、ご本人に直接お伝えします。

  

HIV(エイズ)検査とは?

エイズの原因となるHIVに感染しているかどうかを調べる血液検査のことです。

採血後、約1週間後で結果が判明し、本人に直接お伝えすることが可能です。

血液の中にHIV抗体が出来ている(陽性)か、いない(陰性)かを調べます。

  • HIV感染とは、HIVというウィルスに感染している状態です。
  • エイズとは、HIVに感染することにより、免疫力が低下し、さまざまな病気を発症しやすくなる状態です。

宗像・遠賀保健福祉環境事務所では、6月4日(火曜日)に検査時間を延長し、9時から12時まで検査を行いします。

HIV検査普及週間に合わせて臨時でHIV(エイズ)検査時間を延長します。また、同時に梅毒検査を行うことも可能です。結果は1週間程度で判明します。

結果は、再度、来所していただき、ご本人に直接お伝えします。電話での問い合わせやご本人以外への方のお伝えはできませんので、ご了承下さい。

検査日時:6月4日(火曜日)9時から12時まで

検査会場:福岡県宗像総合庁舎 宗像・遠賀保健福祉環境事務所 1階診察室

       宗像市東郷1-2-1

  • 無料・匿名で受けることができます。
  • 6月3日(月曜日)17時15分までに、当事務所感染症係(0940-36-6098)へ電話予約をお願いします。

詳細は 無料・匿名HIV検査時間延長のご案内 [PDFファイル/442KB] をご覧ください。

 

 

  ※宗像・遠賀保健福祉環境事務所では、定例で特定感染症検査(HIV、梅毒、性器クラミジア、淋菌)を実施しています。

詳細は、特定感染症検査(HIV、梅毒、性器クラミジア、淋菌)のご案内 [PDFファイル/421KB]をご覧ください。

 

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)