ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > スポーツ振興 > 南アフリカ共和国オリンピック委員会との2020年東京パラリンピック競技大会事前キャンプ実施に係る基本合意書調印式

南アフリカ共和国オリンピック委員会との2020年東京パラリンピック競技大会事前キャンプ実施に係る基本合意書調印式

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月6日更新

 7月5日、南アフリカ共和国オリンピック委員会、福岡県、飯塚市、飯塚市誘致・支援実行委員会の4者で、2020年東京パラリンピック競技大会における事前キャンプに関する基本合意書の調印式が飯塚市で行われました。

 県および飯塚市では、車いすテニスおよびパラ水泳の事前キャンプを受け入れます。

 パラリンピック競技の事前キャンプの決定は県内初となります。

 調印式で、小川知事は、「事前キャンプの実施により、多くの県民の皆さまが、障がい者スポーツの世界トップレベルのプレーに直接接し、また、選手の皆さんと交流することとなります。これは、障がいの有無に関わらず、スポーツを身近に感じる絶好の機会となり、特に子どもたちにとっては、スポーツへの夢や目標を持つことにつながります」と述べました。

 また、7月6日、南アフリカ共和国オリンピック委員会のギデオン・サム会長が知事を訪問しました。

 知事は、「昨日、調印を行ったことがスタートとなります。これから、お互いに協力して成果を出していきたい」と述べました。

署名の様子
(写真)基本合意書への署名の様子

あいさつする知事
(写真)あいさつする知事

関係者の皆さんと
(写真)関係者の皆さんと
※前列左から、知事、ギデオン・サム 南アフリカ共和国オリンピック委員会会長、前田恵理 飯塚市誘致・支援実行委員会委員長、片峯誠 飯塚市長

記念品贈呈
(写真)県からの記念品贈呈を受けるギデオン・サム会長

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。