ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > パスポート > パスポートに関する手続き > パスポートは世界で通用する身分証明書です

パスポートは世界で通用する身分証明書です

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月24日更新

パスポートとは

パスポートは、日本国政府が、海外でその所持者が日本人であることや、氏名、年齢などを証明する国際的な身分証明書であり、また、万一何かが起こったときに、その国の政府に対して必要な保護と援助を与えるよう要請する重要な公文書です。

                                  

パスポートには2種類があります

  • パスポートの有効期限には5年用(紺色、下記写真左側))と10年用(赤色、下記写真右側))の2種類があります。
  • ご自身の年齢や希望にあったものかどうか、ご確認のうえ申請してください。
  • 20歳未満の方は5年用のみしか申請することができません。
  • 海外に旅行するときは、年齢にかかわらず乳幼児であっても1人1冊パスポートが必要です。

              パスポートの写真です

        (左の青色のパスポートが5年用、右の赤色のパスポートが10年用)

 パスポート表紙裏面「外務省要請文」

 

パスポート表紙裏面の写真です

 

パスポート最終ページ「所持人記入欄」

  • パスポートの最終ページの「所持人記入欄」に、氏名、現住所、電話番号、事故があった場合の連絡先などをお書きください。
  • それ以外のページには、一切記入しないでください。

パスポート裏表紙裏面の写真です

 

パスポートはどんなときに必要?

パスポートは、海外で国籍や身分(氏名や年齢等)を証明する唯一の公文書です。

したがって、海外では様々な場所でパスポートの提示が求められます。

パスポートのに記載されている氏名に変更があった場合は速やかに変更手続きをしてください。

 → こちらの「氏名や本籍等が変わったとき」をご覧ください。

また、パスポートの写真の容貌にもご注意ください。

 → こちらの「パスポート申請用の写真 ・・・ 大きさや規格など細かい規定があります」をご覧ください。

パスポートの提示が求められる主な場面

1 空港等での出入国審査のとき        

2 ビザを申請するとき           

3 国際線の飛行機の搭乗手続きや外国のホテルにチェックインするとき

4 トラベラーズチェックを使用する時

5 免税店などでクレジットカードで買物をするとき

6 外国で警官等から身分証明書(滞在許可)の提示を求められたとき

 

パスポートの申請から受取までの流れ

1 必要書類をそろえます

こちらの「パスポート申請に必要な書類一覧」をご覧ください。

2 申請をします

こちらの「1 パスポートの申請について」をご覧ください。

3 受け取ります

こちらの「3 パスポートの受取について」をご覧ください。 

 

                      

このほかについては、こちらをご覧ください。→ 「パスポート申請について

このページに関するお問い合わせ先

福岡県パスポートセンター 092-725-9001

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。