ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 男女共同参画 > 配偶者からの暴力防止 > LGBTの方のDV被害者相談ホットラインについて

LGBTの方のDV被害者相談ホットラインについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月1日更新

こんなことで悩んでいませんか?

 

・パートナーから殴られる

・パートナーがコンドームをつけてくれない

・「別れるならゲイってことバラすぞ」と脅されている。

・パートナーの暴言がひどい。

・パートナーから借金させられる。

・いつも私のことをバカにしてくる。

・携帯をチェックされるので、友達との連絡もおっくうになってきた。

 

 あなたはパートナーや恋人と一緒にいるとき、自分がいやなことを「いや」と言えずに相手の言いなりになってしまうことはありませんか?

 あなたが「いや」と言っているのに、聞き入れてもらえないことはありませんか?

 もし、あなたが相手から、心ない言葉で傷つけられたり、相手に恐怖を感じることがあるとしたら、それは対等な関係ではありません。

DV防止啓発CM「愛情がズレただけ?いいえ、それは暴力です」

DV防止啓発CM「愛情がズレただけ?いいえ、それは暴力です」

(再生時間15秒)

 

 

DVとは?

 DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、パートナーや恋人などの親密な関係の人から受ける暴力です。

 セクシュアリティに関係なく、どんな人にも起こる可能性があります。

 DVには、殴る、蹴るなどの身体的な暴力だけでなく、精神的暴力、性的暴力、経済的暴力、子どもを利用した暴力なども含まれます。

 なぐる、けるといった身体的暴力がない場合もあり、暴力と気づきにくいこともあります。

 DVとはお互いが対等な関係ではなく、様々な形の暴力を使って、一方が相手を思いどおりにコントロールしようとする重大な人権侵害です。

福岡県の取り組み

 LGBT(性的少数者)のDV被害者の中には、相談窓口では相談しにくいと感じられる方がいらっしゃるかもしれません。

 そこで、福岡県では、平成28年7月全国に先駆けて、専用の相談窓口として「LGBTの方のDV被害者相談ホットライン」を開設しています。

「LGBTの方のDV被害者相談ホットライン」では・・・

 LGBTの方のDVに関する相談をお受けします。DV被害者の方の心理的ケアや精神保健など社会福祉関係の経験、知識を有する専門の相談員がお話をうかがいます。

 「なんだかつらいな」「困ったな」と感じたら、ひとりで悩まず、まずはお電話ください。

 一人ひとりの思いを大切にしながら、あなたの声に耳を傾け、一緒に考えます。

 相談は無料です。 (通話料は自己負担になります。)

 秘密は守ります。匿名でも相談できますのでご安心ください。

*原則として、県内在住・在学・在勤の方を対象として相談を受けています。

 県外からのお問い合わせにつきましては、お住まいの地域の相談機関等を御紹介する場合があります。

LGBTの方のDV被害者相談ホットライン

電話番号

080-2701-5461

受付時間

第2火曜/12時から16時

第4火曜/17時から20時

 (祝日・年末年始を除く)

※このWEBページは、

「福岡県協働推進・マッチング支援事業」でNPO法人RainbowSoup、FRENSの監修により作成しました。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。