ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光・文化・スポーツ > 国際交流 > 各国との交流・協力 > 九州国立博物館は瀋陽故宮博物院と学術文化交流協定を締結しました

九州国立博物館は瀋陽故宮博物院と学術文化交流協定を締結しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月25日更新

九州国立博物館は瀋陽故宮博物院と学術文化交流協定を締結しました

 「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」というコンセプトを持つ九州国立博物館は、アジア諸国との文化交流を推進する拠点としての役割を果たすため、海外の博物館等との共同研究、研究者の派遣・受入、研究成果や情報の交換等の事業に取り組んでいます。

 このたび九州国立博物館と瀋陽故宮博物院(中国)は、学術文化交流を促進するため協定を締結しました。

 九州国立博物館が海外の博物館等と学術文化交流協定を締結するのは、平成18年5月に締結した国立扶餘博物館・国立公州博物館(いずれも韓国)、平成19年3月の南京博物院(中国)、平成20年11月の国立韓国伝統文化大学校(韓国)、平成22年8月の内蒙古博物院(中国)、平成23年7月の中国文物交流中心、12月のベトナム国立歴史博物館、平成24年8月の文化省芸術局(タイ)、平成27年8月の成都博物院(中国)に続き10件目になります。

協定の相手方

瀋陽故宮博物院

協定締結の場所

瀋陽故宮博物院(中華人民共和国遼寧省瀋陽市)

調印日

平成28年11月22日(火曜日)

調印者

九州国立博物館:島谷 弘幸 館長

瀋陽故宮博物院:白 文●(はく ぶんいく) 院長

※白院長の「いく」は、火へんに「日」の下に「立」です。

瀋陽故宮博物院について

 瀋陽故宮博物院は、清朝の初代皇帝及び二代皇帝の時期に宮殿として建設されました。その後は離宮として使用され、現在その建物は展示施設として活用されています。

調印式の様子
調印式の様子

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。