ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 自然・生物多様性 > 特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」に関するお知らせ

特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」に関するお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月4日更新

特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」とは

 特定外来生物に指定されているクビアカツヤカミキリは、サクラやウメ、モモ、カキなどに産卵し、幼虫が樹木の内部を食い荒らしてしまう外来昆虫です。食害が進むと、枝が落ちたり木が倒れたりして、人がけがをする恐れがあります。また、まん延を防ぐために、薬剤を注入したり、伐採する必要があります。

 これまで福岡県では確認されていませんが、2012年以降、日本国内で次々と分布を拡大し、街路樹や果樹園で被害が出ています。

 

クビアカツヤカミキリの基本情報

原産地

  中国、朝鮮半島、ベトナムなど

形態的特徴(成虫)

 ・体長2.5~4センチ(触角を含まない)

 ・全体的に光沢のある黒色で、胸部(クビの部分)が赤色

生態

 ・成虫の活動時期は5月末から8月頃で、幹や枝の樹皮の割れ目に産卵します。

・クビアカツヤカミキリの幼虫は、木の内部を食い荒らし、株元に大量のフラス(糞と木くずが混ざったもの)を排出します。

 ・幼虫は樹木内で2~3年かけて成長し、さなぎになります。

 ・木の中でさなぎから成虫になると、細長い穴(脱出孔)をあけて、外に出ていきます。

 

クビアカツヤカミキリ画像

写真提供:環境省(幼虫と脱出孔の写真は埼玉県環境科学国際センター)

クビアカツヤカミキリと疑われる状況を発見した場合

 クビアカツヤカミキリの成虫と疑われる個体や、大量のフラスを発見した場合は、可能な範囲で写真等の記録をとり、県自然環境課または九州地方環境事務所(TEL:096-322-2413)にご連絡ください。

 また、成虫を見つけた場合は、被害の拡大防止のため、逃がさず補殺するようご協力をお願いします。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)