ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光・文化・スポーツ > 国際交流 > 友好提携地域との交流 > 福岡県・江蘇省友好提携25周年記念事業

福岡県・江蘇省友好提携25周年記念事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月25日更新

12月22日(金曜日)

「福岡県と江蘇省の友好提携関係のさらなる発展に関する協議書」署名式

 福岡県と中国・江蘇省は、1992年に友好提携を締結し、環境、経済、青少年、文化・芸術など幅広い分野で交流を行っています。
 12月22日、小川知事と呉政隆(ご・せいりゅう)省長は、友好提携25周年を機に両県省のさらなる発展と連携強化を目指す協議書に署名しました。
 知事は、「この協議書を福岡県と江蘇省の新しい歴史を刻むスタートにしたいと思います」とあいさつしました。

署名の様子

(写真)署名の様子

署名後の記念撮影の様子

(写真)関係者の皆さんと

12月23日(土曜日)

安川(中国)機器人有限公司 視察

 12月23日、小川知事は、樋口議長をはじめとする福岡県議会議員の皆さん、石原進 一般社団法人九州経済連合会副会長をはじめとする県内経済界の皆さんと共に、北九州市に本社を置く株式会社安川電機が江蘇省・常州市に設立した、安川(中国)機器人有限公司を視察のため訪問しました。
 安川電機の生山武史 執行役員・中国総括から、中国における事業展開について説明を受けるとともに、昨今、中国において急速にニーズが増えている産業用ロボットの製造現場を視察しました。

視察する様子

(写真)視察の様子

記念撮影の様子

(写真)関係者の皆さんと

12月24日(日曜日)

福岡県・江蘇省友好茶会

 12月24日、福岡県と江蘇省は、蘇州市で友好茶会を開催しました。
 八女茶は、蘇州市の霊岩山寺で修行し、八女に霊巌寺を建てた栄林周瑞禅師(えいりんしゅうずいぜんじ)が持ち帰った茶の種が始まりといわれています。
 会場では、日中双方の伝統楽器のパフォーマンスとともに、福岡県側からは八女茶が、江蘇省側からは中国十大銘茶の一つとして有名な碧螺春(へきらしゅん)がそれぞれ振る舞われました。
 小川知事は、「出席された皆さんに、八女茶のおいしさについて知っていただき、福岡県と江蘇省の深い縁に改めて思いをはせていただければと思います」とあいさつしました。

1 伝統楽器のパフォーマンス

(写真)岡垣国際交流協会と蘇州市呉中区による日中のお茶の振る舞いと伝統音楽のパフォーマンス

茶会の様子 茶会の様子

(写真)茶会の様子

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。