ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 環境政策・国際環境協力 > 環境学習・環境教育 > 京築生きもの探検隊を開催しました!!

京築生きもの探検隊を開催しました!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月14日更新

京築生きもの探検隊を開催しました!!

1 活動内容

 福岡県では、子どもたちの自主的な環境保全活動を応援するため、イオン九州株式会社からの寄付金を活用し、こどもエコクラブ事業を行っています。

 平成29年8月24日(木曜日)に、「京築生きもの探検隊」を海幸山幸ネット主催、京築地区地域環境協議会及び福岡県(こどもエコクラブ福岡県事務局)の共催により実施しました。
 海幸山幸ネットが主催する本イベントは9回目の実施となりますが、今回初めてこどもエコクラブ事業とタイアップして行いました。
 参加者の中には第1回目から全て参加している方や複数回参加している方もいて、地域に根ざした活動となっています。

 今回、行橋市及び京都郡みやこ町を流れる祓川の上流・中流・河口干潟の3つの地点において、水生生物調査等を行い、51名が参加しました。

  参加した子どもたちは、日頃はなかなか行くことのできない自然の中で川遊びを行い、上流・中流・河口干潟それぞれの地点でしか見ることのできない生き物等を講師の解説を聞きながら観察できて、とても楽しそうな様子でした。
 また、くたくたになるまで遊んだ子どもたちからは「楽しかった!来年も参加したい!」という嬉しい声を聞くこともできました。

 御参加いただいた皆様、御協力いただきました関係者の皆様、本当にありがとうございました!

2 活動の様子

 祓川の上流・中流・河口干潟で水生生物を調査し、それぞれの地点で2種類のチェックシートを使い生息する生き物や河川の水質について学習しました。
 

水生生物チェックシート 
水辺の水生生物チェックシート(水質について調査します。)
 

魚チェックシート

 福岡の淡水魚チェックシート(川の環境の豊かさを調べます。)
 

 

 まず、中流地点において、調査方法について説明を受け、水生生物調査を行いました。
 中流では、カマツカや準絶滅危惧種のオヤニラミ、絶滅危惧種のトノサマガエルなどの水生生物が観察できました。オヤニラミは目が鋭く親が睨んでいるように見えることからオヤニラミと呼ばれていると講師から説明がありました。
 水辺の水生生物チェックシートでは平均スコアが約4.3、福岡の淡水魚チェックシートでは平均スコアが約3.3となり、祓川中流域の水質はきれいで、とても豊かな自然が残る環境であることが分かりました。
 

(見つかった水生生物)
ヒラタカゲロウ、カワトンボ、ムカシトンボ、サナエトンボ、カワゲラ、ヒラタドロムシ、カワニナ、シジミガイ

 

(見つかった淡水魚)
オイカワ、カワムツ、イトモロコ、カマツカ、ヤマトシマドジョウ(準絶滅危惧種)、オヤニラミ(準絶滅危惧種)、ヨシノボリ

(その他)
トノサマガエル(絶滅危惧種)
 

※ 絶滅危惧に関するカテゴリーは、福岡県レッドデータブック(新しいウィンドウで開く)に準拠しています(以下同じ)。

 

講師の先生と水生生物について学ぶ子供たちの写真

調査方法について聞いている様子

成果物

 捕まえた生き物たち

 

トノサマガエルの写真

 捕まえたトノサマガエル

 

 

 

 次に、上流地点へ移動し、川遊びをしながら水生生物の調査を行いました。
 上流では、サワガニやヤマメなどの水生生物を観察できました。
 水辺の水生生物チェックシートでは平均スコアが4.4、福岡の淡水魚チェックシートでは平均スコアが約3.3となり、祓川上流域の水質もきれいで、とても豊かな自然が残る環境であることが分かりました。
 

(見つかった水生生物)
チラカゲロウ、ヒラタカゲロウ、カワトンボ、サナエトンボ、ヘビトンボ、ナガレトビケラ、カワニナ、ヨコエビ、サワガニ

(見つかった淡水魚)
タカハヤ、ヨシノボリ、ヤマメ

水生生物を観察する子供たちの写真

 生き物を探している様子

成果物

 捕まえた生き物たち(一部)

講師の先生と水生生物について学ぶ子供たちの写真

 チェックしながら説明を聞いている様子

 

 最後に、河口干潟に移動し、水生生物調査を行いました。
 河口干潟では、主にカニや貝類が観察できました。また、体長60cmほどの大きなボラやニホンウナギが観察できました。ボラの大きさにみんなとても驚いていました。講師によるとボラは最大で体長80cmくらいまで成長するそうです。 河口は海水が混じっていることもありチェックシートは使わずに捕まえた生き物について説明を聞きました。
 

(見つかった魚類)
ニホンウナギ(絶滅危惧種)、マハゼ、ウロハゼ、ボラ、アベハゼ、アシシロハゼ、トビハゼ

(見つかった貝類)
ウミニナ(準絶滅危惧種)、フトヘナタリ(準絶滅危惧種)、シマヘナタリ(絶滅危惧種)、オカミミガイ(絶滅危惧種)、イシマキガイ、ヤマトシジミ(準絶滅危惧種)、ミヤコドリ(準絶滅危惧種)

(その他見つかったカニ、エビ等)
ケフサイソガニ、タイワンガザミ、ガザミ、アシハラガニ、イソテッポウエビ、ユビナガホンヤドカリ

 

 

 

調査している様子

 生き物を探している様子

 講師の先生と水生生物について学ぶ子供たちの写真

 貝類についての説明を聞いている様子

成果物

 捕まえた生き物たち

ウナギの写真

 捕まえたニホンウナギ

 

 

 イベントでは、大自然の中で遊ぶだけではなく、専門家の説明を聞いて環境や生き物について学習することができました。
 また、今回の調査で捕まえた生き物の中には絶滅危惧種も沢山いました。貴重な生き物が住むことができる地域の豊かな自然と生き物を未来につなげるために環境を守ることが大事です。
  この自然を未来につなげるために、ポイ捨てをしないなど、今できることから取り組んでいきたいですね。

集合写真

 集合写真

 

「こどもエコクラブ」とは?

 「こどもエコクラブ」とは、幼児(3歳)から高校生までなら、誰でも参加できる環境活動のクラブです。

 子どもたちの環境保全活動や環境学習を支援することにより、子どもたちが人と環境の関わりについて幅広い理解を深め、自然を大切に思う心や環境問題解決のために自ら考え行動する力を育成し、地域の環境保全活動の環を広げることを目的としています。

 福岡県は、都道府県事務局として「こどもエコクラブ」の活動を推進しています。

この情報に関連する情報

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。