ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政基本情報 > 入札・公共工事 > お知らせ > 建設副産物情報交換システム「COBRIS」の導入について

建設副産物情報交換システム「COBRIS」の導入について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月9日更新

建設副産物情報交換システム「COBRIS」の導入について

 県土整備部発注工事では、請負者が作成している再生資源利用計画書(実施書)及び再生資源利用促進書(実施書)について、平成30年4月1日より、建設副産物システム「COBRIS」を導入し、運用を開始しております。
 
 監督員への提出書類について、以下の点が変更となっておりますのでご注意ください。

【変更点】

  1. 工事着手前
     工事監督員へ再資源利用計画書、再資源利用促進計画書を提出する際に、一緒に「建設副産物情報交換システム工事登録証明書」を提出する。
  2. 工事完成時
     工事監督員へ再資源利用実施書、再資源利用促進実施書を提出する際に、一緒に「建設副産物情報交換システム工事登録証明書」を提出する。

 システムの詳細、利用方法につきましては、以下の添付ファイルと建設副産物情報センターのリンクよりご確認ください。

【注】「CREDDAS入力システム」(国土交通省)は、平成30年3月31日に廃止されました。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)