ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県土づくり・地域振興 > 河川・ダム > 河川愛護 > 生きもの探検隊~クロツラヘラサギでつながろう! が開催されました 

生きもの探検隊~クロツラヘラサギでつながろう! が開催されました 

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月26日更新

生きもの探検隊~クロツラヘラサギでつながろう! が開催されました。

 平成31年2月23日(土曜日)、豊の国海幸山幸(とよのくにうみさちやまさち)ネット主催の生きもの探検隊が行われました。生きもの探検隊には、北九州市や京築地区等の小学生と保護者併せて30人以上が参加し、当事務所も参加しました。

 

当日の様子

 当日は、京築の干潟で専門家の先生と望遠鏡を覗きながら野鳥を観察し、絶滅危惧種のクロツラヘラサギやツクシガモ、その他にもオナガガモやミサゴなど15種類以上の野鳥が確認されました。

 中でも、クロツラヘラサギは世界で個体数が約3,900羽しか確認されていない非常に貴重な渡り鳥で、越冬のために京築の干潟に訪れます。当日は、クロツラヘラサギが約30羽確認され、京築の干潟の環境は野鳥が生息するために非常に大事なものであることが分かりました。

 生きもの探検隊終了時、参加者からは「普段住んでいるところに絶滅危惧種の野鳥が生息しているなんて知らなかった。専門家の先生に話を聞けて勉強になった」、「野鳥が過ごすために今の環境が大事なものであることが分かった。京築の環境を守っていきたい」等の声が上りました。

当日の写真

望遠鏡を覗き、野鳥を観察する様子

↑望遠鏡を覗き野鳥を観察する様子

野鳥を観察する様子

↑野鳥を観察する様子

望遠鏡でみた野鳥の様子(クロツラヘラサギ、オナガガモ)

↑望遠鏡でみた野鳥の様子(クロツラヘラサギ、オナガガモ)

紙芝居を使ったふりかえり学習

↑紙芝居を使ったふりかえり学習

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。